blog

ブログ一覧

お盆休みあれこれ

観光リフトと青空

こんにちは。
お盆休みを終えて、SORA鍼灸院は今日から診療しています。
皆さまはいかがお過ごしでしたか?

我が家は、芦屋の実家に親戚が帰省していたので、近場でアクティブに過ごしました。

まずは早起きして、垂水漁港で魚釣り。

小さいですが、アジ、カサゴ、タイ、ベラが釣れました。

私たちの釣り上げた魚を見た地元のおじさんが、
「そのチャンコ付けて(餌にして)、浮きつけて、遠くへほって(放って)大きいの釣りぃ」と随分勧められましたが(笑)


(今回の釣果)

 

そしてすぐ隣にあるアウトレットへ。
朝早くだったからか、思ったより空いていました。
魚釣りの道具も持っているのに、せっかくだからとFranFrancで雑貨を購入(笑)

 

それから須磨へ移動。


(渋滞のない電車移動で)

 

須磨浦山上遊園」を目指して、まずはロープウェイに乗ります。

 

思ったより速いスピードで、あっという間に発着所へ到着。
そしてすぐに次の乗り物が見えてきます。

乗り心地の悪さにこだわるレトロな乗り物、ブラタモリでも紹介された「カーレーター」です。

ガッタガタの振動と傾斜のすごさに皆なぜか笑いが出てきます。
笑いの出てくる乗り心地は是非体験されて下さい(笑)

山上には「まわる喫茶 コスモス」があります。
回転しているので眺望を楽しみながら軽い食事ができます。
若干早めの回転なので、酔うという意見も(笑)


(持参の双眼鏡で)

(明石海峡大橋も)

 

食後は山上を散歩。
お天気にも恵まれて景色は最高でした。

須磨浦山上遊園は全てが素朴でレトロ。
帰りには3歳からは1人で乗る決まりがある、(うちの4歳の娘にはスパルタな)リフトにも乗り、満喫しました(笑)

(よく頑張りました)

 

夜には芦屋に戻って「潮芦屋温泉 スパ水春」へ。
ここでは天然温泉を含めて合わせて13種類のお風呂が楽しめます。
朝から連れまわした親戚にも疲れを癒してもらえたと思います。

(院長はサウナでアロマ蒸気を浴びる「ロウリュウ」サービスの為に、頑張って長めにサウナに入り、アロマ熱風を浴びたので、いつになく疲労した姿で現れましたが(笑))

 

翌日は祖父とゆっくり過ごし、気になっていた家中の掃除もできました。

さらに翌々日は大阪の親戚の家に行くついでに、国立国際美術館で開催されている、ボイマンス美術館所蔵ブリューゲル「バベルの塔」展 にも、いってきました。

ブリューゲル「バベルの塔」展

ブリューゲルの細部にわたるリアルな表情、表現には圧倒されました。
この展覧会の絵の中のあちこちに登場する変な怪物も見どころです。

 

良いお盆休みになりました。

しっかり充電できたので8月後半もしっかり頑張れそうです!

 

 

認知症の改善

「認知症」の患者さんにおいて治療効果を感じられた一例です。

元々は、「頻尿」の為の治療でした。
頻尿は、膀胱反応点への施灸や刺鍼で、改善はよく見られます。
鍼灸の得意とするところでしょう。

また、反応点治療では、全身治療を行ないます。
認知症薬を長く服薬されていることもあり、頭皮にも注目して施術、セルフケアもお願いしました。

すると、2回目の施術の時点で、

「頭がはっきりしてきた」

と、思わぬ効果がありました。
その後も、鍼灸を始めてから、変化してきた様子です。

「薬を自ら飲むように」
「応答がしっかりするように」
「置いてあった洗濯物を畳むように」
「料理の手つきがしっかりしてきた」
「ゴミ捨てを積極的に行なうように」

記憶力の向上というよりは、意欲の向上かもしれません。

しかし、「意欲低下(アパシー)は、認知症の原因となる疾患のほとんどすべてで、最も高頻度に認められる行動・心理症状(BPSD)である。」※

とあります。
他にもパーキンソン病、脳卒中後患者、脳器質疾患など、多くの神経障害疾患で、見られる症状です。
BPSDといいつつも、抗認知症薬で改善がみられることもあり、脳内の神経伝達物質や前頭葉-皮質下回路の障害ではないかとも言われています。

(今年2月には「脳内にある、やる気のスイッチを発見」※2 というニュースもありました。大脳基底核(腹外側線条体の D2-MSN)の細胞集団にあるようです。)

 

意欲の低下は、QOLの低下や、介護者への負担にもつながります。
意欲低下が、老いること、そして認知症につながるとも考えられます。

意欲の向上が見られたということは、本人や家族にとって喜ばしいことです。
それが、認知症の予防や老化の抑制にも、つながるかもしれません。

 

全身治療の為、何が作用しているかは不明です。

しかし、頭皮に反応点が見られていたこと、鍼灸を始めてから改善が見られたことから、鍼灸治療やローラー鍼刺激に何かしら効果があったのではと思います。

認知症患者さんに限らず、予防も見据えて、頭皮の反応点には注目していきます。

 

※1 認知症疾患治療ガイドライン2010

※2 脳内にある、やる気のスイッチを発見-意欲障害の治療法探索が可能に-
慶応義塾大学 医学部

 

 

認知症と頻尿

前回「認知症の鍼灸治療」に引き続き、
今回は、認知症と頻尿について。

 

 

どちらも、高齢者に多い症状の為、同時に悩まれている方も多いようです。

「認知症」の薬に、アセチルコリンエステラーゼ阻害剤(アリセプト等)があります。
アルツハイマー型認知症では、脳内のコリン作動性神経の機能低下が起こっており、アセチルコリンが低下しています。
脳内のアセチルコリンを分解する酵素を阻害することで、コリン量を増加させ、認知機能を改善します。

「頻尿」に出される薬に、抗コリン薬があります。
膀胱周辺にはコリン作動性の神経が存在しており、排尿筋の収縮、括約筋・三角筋の弛緩作用により、排尿を促進させます。
その副交感神経亢進のアセチルコリンの作用を抑えることで、コリン量を減少させ、頻尿を改善します。

この相反する作用から、従来の過活動膀胱に対する抗コリン薬には、脳(中枢)へも影響を与えるものがあり、注意も必要です。

(最近の頻尿(過活動膀胱)の薬には、膀胱だけに作用するものや、上記と違う作用(交感神経を促進)で改善するものもあります。どちらの症状に対しても、併用できるお薬はあります。)

 

その抗コリン薬が、認知機能へ与える影響について。

「認知機能低下を誘発しやすい薬剤」というものが、認知症疾患治療ガイドライン※1 にも載っています。

睡眠導入剤、向精神薬などが上げられますが、抗コリン薬もあります。

その薬を止めれば治まる短期的なものもあるようですが、「長期的な抗コリン作用のある薬の使用で、認知症発症リスク増加」という研究※2 もあります。
「65歳以上の高齢者が、3年以上常用量の抗コリン作用のある薬の使用で、認知症のリスクの増加が生じる可能性がある」ということです。

この抗コリン作用の薬は多く、頻尿改善、下痢止め、抗パーキンソン、酔い止め等があります。
また、抗ヒスタミン剤も、副作用として抗コリン作用を持っているそうです。
とても多くのお薬が該当するので、注意は必要でしょう。

 

逆に、認知症薬が、膀胱へ与える影響も考えられます。

アリセプトのホームページ※3 には、
「副作用として、頻尿が8例/4429例(0.18%)が報告」
「頻尿の発現機序については、コリン作動性作用が影響する可能性」
ともあります。

確率は非常に低いですが、0とは言えないようです。

 

こういった薬の影響もあるので、おかしいなと思えば、医師や薬剤師さんに相談されてみて下さい。

 

この認知症患者さんの頻尿という症状は、少なくないようです。
記憶障害の影響で、トイレに行ったことを覚えていなくて、何度もトイレに行くこともあります。

周辺症状(BPSD)ととらえ、環境や接し方を変えることで、改善することもあります。
つまり何かしら理由があって、「頻尿」という行為につながっているということです。

例えば、トイレに行くことで、落ち着くことはあります。
何か不安を紛らわせるために、トイレに行くことも考えられます。
そのときは、その「不安」を対処することで、「頻尿」が治まることもあるのでしょう。

認知症の症状も、頻尿も、その人それぞれの原因があります。
いろんな視点で考えていく必要がありそうです。

 

※1 認知症疾患治療ガイドライン2010

※2 Cumulative use of strong anticholinergics and incident dementia: a prospective cohort study.
Gray SL. JAMA Intern Med. 2015 Mar;175(3):401-7. doi: 10.1001/jamainternmed.2014.7663.

※3 アリセプト(エーザイ) 第Ⅶ章 注意すべき副作用とその対処法

 

 

認知症の鍼灸治療

私たちが所属する反応点治療研究会では、毎月の関西勉強会があります。
開業や勤務されている先生方が集まり、症例報告などが行なわれています。

今月は、私(院長)の担当で、認知症の治療について発表を行ないました。
良い治療効果が出ていることもあり、結構いろいろ調べもしました。
こちらでもまずはその「認知症に対する鍼灸治療」について、ご紹介します。

先日のブログでも投稿しましたが(「H28年の国民生活基礎調査」)、これからの高齢化社会を迎えるにあたり、認知症対策は他人ごとでは無くなってきています。

長生きするようになれば、認知症になるのは、しょうがないことでしょうか?
しかし、高齢化が進んでいる欧米では、認知症の有病率が減ったという研究結果も増えています。※1,2
その理由としては、生活習慣病の改善、教育水準の上昇などが言われています。
(途上国で糖尿病の増加率が著しく高いこともあります。)
統計からは何が要因かは明確にされませんが、対策ができるものではあるのでしょう。

また、脳の典型的な変化は何十年も前から始まることは言われています。
アルツハイマー病の原因としていられるアミロイドβなどの蓄積も40歳代頃から起こり始めると考えられています。
つまり、「予防」が一つのテーマとなっています。

 

その認知症発症の要因となっていると考えられているものに、高血圧と糖尿病があります。

高血圧は、動脈硬化を引き起こします。
脳内の血管の梗塞が、脳の働き、認知機能にも影響します。

継続して鍼灸治療をしていると、高かった血圧が低下していくことはよくあります。
(交感神経活動の抑制、末梢の血液循環の改善でしょうか。)

また、先月の鍼灸学会でも紹介されていましたが、鍼灸刺激が、脳内のアセチルコリンを増加させ、脳内血流を増加させる効果があるという研究もあります。

大脳皮質におけるコリン作動性血管拡張系:鍼治療と老化の影響」※3

「頬および四肢(特に前肢・後肢)への鍼 or 灸刺激が、体性求心性神経(Ⅲ,Ⅳ群)を介し、脳内のマイネルト基底核に作用し、コリン作動性の血管拡張系を活性化する」とあります。
ラットでの研究ではありますが、老齢ラットでもその効果は見られています。
認知症を発症した高齢者にとっても、期待できる結果ではないでしょうか。

 

そして、現代病とも呼ばれる糖尿病です。

糖尿病患者における脳血管性認知症発症の相対危険度は2倍、アルツハイマー病の危険度も1.9倍、中でもインスリン治療を受けている糖尿病患者ではその危険度が約4倍にまで上昇するという結果が出ています。(Rotterdam Study)
日本の久山町調査でも、脳血管性、アルツハイマー病、どちらも2倍近くの危険度が報告されています。

糖尿病と認知症の関係は完全には解明されていません。
しかし、糖尿病による合併症の多くが血管障害であることから、高血圧と同様、脳内の循環障害も十分考えられます。
また、インスリン分解酵素にアミロイドβの分解作用があることや、インスリン抵抗性により脳内での糖代謝に変化が起こることも言われています。
インスリン抵抗性改善薬や、脳内へのインスリン移行が顕著な点鼻インスリン療法が、効果をあげているそうです。
アルツハイマー病は、脳で起こる糖尿病なのではないかとも考えられており、「3型糖尿病」と呼んだり、「脳型糖尿病」として認識もされているそうです。※4

この糖尿病に対しても、鍼灸治療にできることがあります。
血管拡張作用による合併症対策、膵臓反応点にも直接アプローチします。

高血圧、糖尿病といった疾患への対策をする観点からも、鍼灸治療は、認知症に対して大いに役立ってくれそうです。

 

では、その認知症患者に対する鍼灸治療の研究はないのでしょうか?

中国の文献ですが、ありました。

アルツハイマー病患者の鍼治療の有効性と安全性:ランダム化比較試験の系統的レビューとメタ分析」※5

(・「ランダム化比較試験」(RCT)
=2つの群(治療群(治療を行う群)と対照群(治療をせず観察のみの群))に分ける際に無作為に分けている研究。
・「系統的レビュー」
=文献をくまなく調査し、RCTのような質の高い研究のデータを、データの偏り(バイアス)を限りなく除き、分析を行うこと。
・「メタ分析」
=「分析の分析」を意味し、統計的分析のなされた複数の研究を収集し、それらを統合したり比較したりする分析研究法。)

つまりは、いくつかの研究を分析に分析を重ねた結果、

・6つの試験結果から、鍼治療が薬物よりも優れていること(MMSEスコアの改善)が示された。
・3つの試験結果から、鍼治療とドネペジルの併用が、ドネペジル単独より有効であること(MMSEスコアの改善)が示された。

ということらしいです。
全て中国国内の研究で、対象年齢や治療期間のバラつき、それぞれの治療や研究を検証したわけではないので、何とも言えませんが…
(治療点(ツボ)は、百会、足三里が最もよく使われ、他、血海や頭皮のツボなど。)

 

前述した日本での研究と併せても、鍼灸(刺激)が、認知症に対して何らかの好影響を与えてくれそうです。

では、当院での実際の認知症患者さんへの鍼灸治療の効果はというと、
それはまた後日に。

(しばらく続けます)

 

※1 A Comparison of the Prevalence of Dementia in the United States in 2000 and 2012
KM Langa, et al. JAMA Intern Med 2017;177: 51-8.

※2 A two-decade comparison of prevalence of dementia in individuals aged 65 years and older from three geographical areas of England: results of the Cognitive Function and Ageing Study I and II
FE Matthews,et al. Lancet 2013;382:1405-12.

※3 Cholinergic vasodilative system in the cerebral cortex: effects of acupuncture and aging.
Uchida S. J Acupunct Meridian Stud. 2014 Aug;7(4):173-9.

※4 糖尿病合併症としてのアルツハイマー病

※5 The effectiveness and safety of acupuncture for patients with Alzheimer disease: a systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials.
Zhou J, Peng W, Xu M, Li W, Liu Z. Medicine (Baltimore). 2015 Jun;94(22):e933.

 

食物アレルギーについて

アレルギー学会感想つづき

食物アレルギーについて

最新の治療は「どう食べさせるか」が基本になっていました。
口から取り込み、腸内で抗体が作られることで耐性ができるからです。

具体的には必要最小限の原因食物除去。食物経口負荷試験で原因食物の食べても症状が出ない量を確認し、食べられる量は積極的に食べる。
3歳未満では6カ月ごとに原因食物に反応しているIgE抗体検査、6カ月から1年ごとに経口負荷試験をして食べられる物、量を確認していく。
(6才以上ではIgE抗体検査、経口負荷試験は1年から3年毎)

必要最小限の食物除去とは
1.食べると症状が誘発される食物だけを除去する。”心配だから”、“念のため“といって必要以上に除去する食物を増やさない。
2.原因食物でも症状が誘発されない、食べられる範囲までは食べることができる。
食べられる範囲“の量を除去する必要はなく、むしろ食べられる範囲までは積極的に食べるように指示することが望ましい。
(食物アレルギー診療の手引き2014より)

学会では症状が出る量を食べてしまった場合でも、その1回の負荷で耐性ができることもあると言われていました。

 

食物アレルギーは 秋冬生まれ、離乳食開始の遅れ、家族歴、環境アレルゲンの有無がハイリスクになるといわれます。

最近増えているのは果物アレルギーで、花粉症が関係する可能性が高いとのことです。

花粉症があると、交差抗原性といって、アレルゲンそのものでなくても似ている構造のあるものに反応して症状がでてしまうので、
カバノキ科ハンノキ属(ハンノキ)、カバノキ属(シラカバ)は、バラ科植物のリンゴ・モモ・サクランボなど、
イネ科とブタクサは、ウリ科植物のメロン、スイカなど、
ヨモギは、せり科植物のセロリ、ニンジンなどを食べるとアレルギー症状が出るのだそうです。(口腔アレルギー)

舌下免疫療法などの花粉症の治療をすることで、耐性ができ、上記のアレルギーも治る可能性も示されました。

 

また、皮膚や粘膜のバリアを強化することで皮膚や粘膜直下にいる免疫細胞の応答が減り、症状が出にくくなるのだそうです。

鼻の粘膜は腸などの粘膜と違い皮膚に近い構造を持つため、潤いやバリアを保つことで症状を予防できる可能性が高いそうです。
花粉症でも皮膚バリアの強化がポイントになりそうです。

食物アレルギーのハイリスクである秋冬生まれは、日照時間や日光に当たる機会が減ってビタミンDが不足すると食物アレルギーになりやすいという説もありますが、皮膚粘膜の乾燥でバリアが壊れたことも疑えます。

※バリアの強化は粘膜へのワセリンの塗布、症状が出ている場合にはステロイド塗布
(鍼灸での対策は、鼻粘膜の循環を良くして潤いを保ったり、粘膜細胞のターンオーバーをスムーズにしたり、酸素や栄養が患部に届きやすくなるので粘膜の強化につながります。)

 

食物アレルギーは乳児期の発症では治りやすいとも言われていました。
乳児期は皮膚粘膜も薄く、免疫細胞の発達も途上なので、症状が出るのも当たり前なのかもしれません。

アトピーや喘息がある場合は、重篤な症状を防ぐために、まず湿疹の治療、喘息の治療をしてから、食物アレルギーの治療に入るそうです。

学会では湿疹の治療そのものが食物アレルギーを減らすという研究発表もありました。
湿疹部で多く作られるリンパ球の好塩基球が腸管粘膜にある肥満細胞を活性化して症状が出る可能性があるそうです。

皮膚や粘膜の症状は食物アレルギーを増やす。
やはり皮膚や粘膜から入るとアレルギーになり、口から入ると耐性ができる、というのが基本のようです。