blog

ブログ一覧

帯状疱疹後の痛みがつらい時

 神経ブロックもいまいち、薬も効かない、副作用も心配、服が擦れるだけで痛くて眠れない…

 そんな帯状疱疹後の痛みでつらい方の来院が続きました。時期的には少ない(夏に多い ※)らしいですが、これからも季節の変わり目、体調も崩しやすいので、今後なられた方のために。

帯状疱疹が出た時

 まずは、帯状疱疹が発症したとき、より瘢痕を小さくするために、より早期に炎症を抑えること(抗ウイルス剤治療)も大切です(発疹72時間以内に開始できれば合併症、後遺症を残しがたいとされています)。

 しかし、治療が遅れてつらい痛みが残ってしまった方も、大丈夫です。そんな帯状疱疹後の神経痛と呼ばれる痛みに対して、鍼灸が役立ちます。

帯状疱疹とは

 帯状疱疹とは、神経節に潜伏していた水ぼうそうのウイルスが再活性化し、皮膚に帯状の水泡ができることを言います。免疫力が低下したとき(高齢、過労、大きなストレス、悪性腫瘍、抗がん剤・免疫抑制剤治療時など)に、発症することが多い疾患です。高齢化や水痘患者の減少(免疫のブースター効果の減少)もあって、年々増加傾向にあるようです。

 一見、虫刺されや他の皮膚炎と間違うこともあります。特徴は、身体の片側だけで、皮膚症状の前にピリピリやチクチクするような痛みが出るようです。部位は、胸から背中(肋間神経沿い)、顔(三叉神経)、手足に出ることもあります。

 問題は、その後に残ってしまう言わゆる「神経痛」と呼ばれる後遺症です。抗炎症薬も効きません。帯状疱疹の炎症がひどいとき、より重症難治化しやすくなります。QOLが著しく低下することもあります(※)。

 部位的には顔が残りやすくなります(三叉神経領域)。中でも、ハッチンソン徴候といって、鼻の先端に皮疹が生じた場合、眼病変の合併頻度も高くなります(鼻毛様体神経領域)。

 ただ、「神経障害性疼痛」と分類される痛みも、それが神経の痛みなのかは疑問です。

帯状疱疹後の痛みに鍼灸

 この帯状疱疹後神経痛(PHN)に、鍼灸は効きます。鍼で皮膚の歪みを取ることで、痛みの原因を取り除きます。つまり「神経痛」ではなく、「皮膚の痛み」だと考えています。ただ、痛みも慢性化してくると、中枢性の問題も出てきます。他の痛みと同じく、より早くに鎮痛させることは大事です。

 さらに、痛みはその部分だけが原因ではありません。瘢痕部の皮膚だけでなく、痛みをかばう様にして出た筋肉の痛み、反射性に現われる痛み、さらにそこに影響を与える同じ神経領域の治療もできればより根本治療もできますので、やはり全身治療が効果的かと思います。

 

※ 

https://www.niid.go.jp/niid/ja/allarticles/surveillance/2433-iasr/related-articles/related-articles-462/8234-462r06.html

NIID 国立感染症研究所
「帯状疱疹の兵庫県内における30年間の動向把握から見えてきたもの」

  

アレルギー市民講座に出掛けてきました

こんにちは。先日、『「アレルギー週間」市民公開講座』神戸会場へ出掛けてきました。

神戸会場では「兵庫県のアレルギー疾患対策について」、「アレルギー性鼻炎・花粉症について」、「アトピー性皮膚炎の診断と治療について」の講演を聞くことが出来ました。

平成27年に「アレルギー対策基本法」が制定されてから国が積極的にアレルギー対策に力を入れるようになっています。

兵庫県でも県のアレルギー対策案を作ったり、アレルギー疾患拠点病院を選定したり、どこへ行っても質の良い治療が受けられるよう医療の均てん化の為の研修をしたり、また、県ホームページでアレルギー情報の発信を行なっているそうです。今回の市民講座も兵庫県、神戸市が共催しています。

よくわからないから困るアトピー、アレルギーに関しての情報は、公の信用のおけるところから得られれば安心です。

巷では今年の花粉の飛散は3倍だ、などとも囁かれて驚きましたが、気象庁が出している花粉飛散予測によると兵庫県については例年に比べ「やや多い」、前年に比べると「並」なのだそうです。それ程恐ろしくはなさそうです。それから兵庫県はスギ以外のイネやブタクサのアレルギーが多いとのことでした。

アレルギーは血液検査で陽性が出ていても必ずしも症状が出るわけではないそうです。体調によって症状が変化することも治療院で経験しています。

アトピーも花粉症も皮膚や粘膜のバリアを整えることが大切です。 皮膚・ 粘膜免疫が症状に関わるからです。

アレルギー疾患の予防のためには強い粘膜、皮膚を作れるよう、体調を整えることが大切だと改めて感じました。

関西での市民講座はあと3回、3月10日(日)大阪、3月16日(土)京都、3月21日(木祝)大阪で開かれます。

第25回アレルギー週間市民公開講座(平成31年2~3月開催)

第25回「アレルギー週間」市民公開講座

もうすぐ2月ですね。

2月20日は何の日かご存知ですか?

石坂公成先生がアレルギー症状の原因となるIgE抗体を発見し、それをアメリカのアレルギー学会に発表した日で、日本アレルギー協会が「アレルギーの日」と制定して様々な活動をされています。

今年も日本アレルギー協会では2月20日の前後1週間を「アレルギー週間」として、一般の方や医療従事者へ向けた公開講座を各地で開いています。

関西では、奈良市(2月9日(土))、京都市(2月16日(土))、大津市(2月17日(日))、神戸市(2月17日(日))、和歌山市(2月24日(日))、大阪市(3月10日(日))にて受講できます。

各会場で講師の先生や講座内容が違うので、興味のある方は各会場に足を運ばれるのも良いと思います。

参加無料ですが事前の申し込みが必要です。定員になり次第受付は終了します。

申し込み方法、講座内容については日本アレルギー協会関西支部のHPをご覧ください。

第25回アレルギー週間市民公開講座(平成31年2~3月開催)

http://allergie-kansai.jp/publics/index/81/

12月仕様です

こんにちは。

今年の秋は長くて紅葉も綺麗ですね。

秋だなぁ、と思っていたら今週末はもう12月。なぜか気持ちが焦ってしまいますが…。

慌ただしいながらも華やかな12月。

SORAでも少し模様替えをして、12月仕様でお迎えしています。

 

 

摂津本山クノスペさんのリースにインスタグラマーのameさんが黒板と素敵な文字を付けて下さったお気に入りのリース。

隣にあるのは院長が植えて5年目にようやく実ったレモンです。

 

 

天使もいますよ。 見つけてみてくださいね。

華やかな12月を楽しめるように、今月もお身体のケアをさせて頂きます。

It’s New

SORA鍼灸院の待合に新しい絵がやってきました。

 

 

治療院近くの「カトリック芦屋教会」の風景画です。

たまたま知りましたが、カトリック芦屋教会は先日芦屋市の「景観重要建造物」に指定されたばかりです。

芦屋市ホームページ
http://www.city.ashiya.lg.jp/toshikeikaku/keikan/jyuuyoukenzoubutu/jyuuyoukenzoubutu.html

 

泉川博之さんの作品です。

この絵は教会も素敵ですが、「空」がきれいで、目に入るたびに嬉しくなります。

 

絵を描くのは最高の気分!、楽しくてしょうがないと言われる泉川さんの作品は、繊細だったり、エネルギッシュだったり、面白かったり、とてもおしゃれで、いろいろな面が惜しげなく広がっているようでした。

泉川博之さんの個展は大阪の京橋画廊で、明日16日まで開かれています。

 

2018・ZERO展大賞記念 泉川博之個展のご案内