映画と勉強会

先週末は、いつもと違う日曜日でした。

 

まずは久しぶりに映画を観に行きました。

いろんな方にお勧めされていた「すずめの戸締り」です。

新海誠監督の映画は初めてでした。

震災もテーマになっていたので、人によってはしんどいところもあるかもしれませんが、とても良かったです。

ここ数年で見た映画は、「すみっこぐらし」、「おいしい給食」、「ワンピース」と、子どもに合わせての作品が続きましたが(今回もそうでしたが…)、今回はとても感動的な作品でした。

グラフィックもさることながら、最後の結末には、思わず涙しました。

内容は詳しく書きませんが、大切な人を亡くされた人には、是非見て貰いたい映画です。

悲しむよりは、癒されるのではないかと思います。

 

そんな感慨にふけった後、後輩の鍼灸院へ行き、勉強会に参加しました。

新しい会員向けで主に準備の為に行きましたが、講義してくれた先生の内容がとても良かったです。

内容は経営(集客)についてでしたが、なぜ鍼灸院を経営するのかも問われ、私もとても為になりました。

開業して年数が経つと、治療がしっかりしていれば、集客は頑張らなくとも良くなります。

そしてそれ以上に忙しくなります。

すると、目の前のこと、優先順位が高いことに、追われがちになります。

でも、優先順位が高い=大事なこと では、ありません。

とても大事なことでも、ついつい後回しになってしまうこともあります。

むしろ大事なことを考えるには時間がかかるから、優先順位としては低くなってしまうのでしょう。

大事が小事に埋もれてしまいます。

 

目の前のことを、ちょっと横に置いてみることも大切です。

今回みたいに、人の為に動いたり、初心に戻ってみるのも良いのでしょう。

普段と違う日曜日の過ごし方で、そんなことを思いました。

 

年末年始は何かと忙しくなりますが、余裕も作って、大事なことにも向き合える時間にしたいと思います。

(院長)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA