鍼灸で乾燥肌ケア

乾燥の季節になりました。
治療院でも乾燥からの肌荒れ、湿疹、ドライアイの症状を感じる方が増えています。

アトピーの方は、
☆ 肌の水分を保つ力が弱い
☆ Th2というタイプの免疫が活性しやすく、様々な刺激に反応しやすい
☆ かゆみを感じやすい

という体質を持っています。

乾燥して表皮や粘膜に小さな傷ができれば、大気にある異物が付着して反応し、炎症をおこしてしまいます。

異物の侵入を減らすために、まずは保湿が必要です。

患者さんは、腸などのお腹のケア、食事に気をつけることに注目されますが、
異物にさらされている皮膚・粘膜の表面で、炎症をおこす免疫細胞の活性が始まるので、最前線である皮膚・粘膜表面のケアがとても大切です。
炎症が増えないように、肌表面の傷はなるべく早く治したいものです。


鍼灸では、皮膚・粘膜の対策として、
○ 皮膚・粘膜を強化する
○ 痒みを伝える神経の活性を落ち着かせる
ことができます。

湿疹のある患部には、循環不良があります。
鍼灸で患部の循環を促して細胞が修復されやすくします。
また、刺鍼によって皮下に微細な傷をつけることでコラーゲンなどの皮下組織の再生が活性します。

湿疹のある皮膚では、かゆみを伝える神経が活性して、かゆみを感じやすくなっています。
掻けば皮膚に傷ができ、異物が侵入しやすくなり、炎症し、かゆみを伝える神経がさらに活性して、かゆみも増してしまいます。
鍼灸で皮膚の緊張をゆるめることで、かゆみを伝える神経の活性が落ち着きます。
つらいかゆみを減らすことができます。

鍼灸は腸などお腹のケアだけでなく、肌表面にアプローチして、辛いかゆみや肌の修復に対応しています。

(副)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA