子どもの視力回復

前回の「近視に対する鍼灸治療」に引き続き、今回は当院での施術報告です。今年に入って、小学生の視力回復が続きました。その中でもすぐに結果の出た一症例を紹介します(患者さんからも承諾頂いています)。

結果から言いますと、小学校での視力検査で両目ともC判定(少数視力 0.6~0.3)だったのが、約2週間後の眼科での検査は両目とも 1.5 にまで向上していました。

鍼灸施術前後の視力推移

 

今回は鍼灸の施術前後に視力測定を行ったことから、このようにグラフ推移で現わすこともできました。施術をすれば、その場で視力は上がりました。施術直後に大きく上がっているのは、一時的な視力向上の作用(縮瞳効果 1))もあるようですが、施術前の測定で両眼視力とも 1.5 が出ているときもあったことから、視覚機能への持続的な作用もあったと考えられます。

今回の鍼灸治療はシンプルで、眼の反応点に対するローラー鍼刺激です。鍼灸院での施術は週1回程度でしたが、自宅でのセルフケアは毎日されていました。毎日の積み重ねが、この結果につながったと思います。

ちなみに今回、私たちが感じる反応点をスコア化し、その反応点の変化と対数視力値の変化をグラフにしました。

 

反応点の程度と視力の変化量に、多少ばらつきもありますが、概ね相関が見られます。

今回の偽近視のような状態であれば、鍼灸も十分手立てになると思われます。

これが今後も続くのか、将来の近視予防につながるかは、これからの経過も見ていきたいと思います。

 

  1. 福野梓 , 鶴浩幸 , 片岡佳介 , 他 . 鍼刺激による屈折変化非依存性の視力向上効果 . 全日本鍼灸学会雑誌 . 2008. 58(2): 195 202

近視に対する鍼灸治療

私たちの所属する 一社)反応点治療研究会では、毎月勉強会を実施しています。所属する先生方が、日頃の臨床で経験した症例発表などを行ないます。 今月は私の担当で、今年に入って続いた、近視に対する鍼灸治療について発表しました。子供の視力低下でお困りの方も多いようで、こちらのブログでも紹介します。

 

最近は電車に乗っていると、多くの人たちがスマホを眺めています。そういったスマホやゲーム機器の普及等に伴い、近視を増強する環境要因は増加し、近視者の比率は非常に高くなっています。

日本ではこの30年で、小学生の裸眼視力が「1.0以下」は1.5倍以上、「0.3未満」は3倍以上に増加しています。昨年平成30年度では小学生の34%が、1.0未満と、過去最高の割合を示しています。 1)

文部科学省「学校保健統計調査」(平成30年度)より

 

また、世界的にも近視が社会問題化しています。特に東アジアでは先例の無いほど近視が急増しており、10代の近視割合は80%以上とも言われています。2)

東アジアにおける近視患者の急増

 

その原因としては、ライフスタイルの変化です。先ほど述べたように、多くの国々の子供たちにおいても、読書、最近ではパソコンやスマホの画面を見る時間の多さが影響しているようです。

屋外で過ごす時間の長い子の方が、近視の進行が遅いことは以前から報告されています。それは、遠くを見る機会が多かったり、最近では日光に含まれる一部の光(バイオレットライト)が近視進行を抑制するEGR1遺伝子に作用するというような研究もあります。3)

近視の進行は、遺伝的要因と環境的要因が言われていますが、急激な増加を考えると、環境的な要因も大きいようです。つまりは、先天的なものとしてあきらめるだけではなく、何か手立てをすれば進行を防ぐことも可能であると言えるでしょう。

 

当院でも、視力回復を目的に鍼灸治療を受けに来られる方もおられます。「眼鏡やコンタクトで矯正すれば済むのでは?」と思われるかもしれませんが、裸眼視力が必要な職業もありますし、子どもの視力回復には、親の思いもあります。

近視がさらに進行し強度になると、将来、黄斑変性症、緑内障、網膜剥離等が起こるリスク、失明のリスクも高くなると言われています。2)

幼い頃からのパソコンやスマホの利用で、これまで以上に眼に対する負荷がかかっており、将来に対する「不安」。 偽近視(仮性近視)のように一時的な状態、改善するのであれば、治療を施したいという「親心」も大きいでしょう。

 

そんな近視に対して、鍼灸治療の報告や研究はこれまでも多くありました。よく「鍼灸は何に効くか?」として示される、WHOの鍼の適応症49疾患の一つにも近視は含まれています。しかしこれも1979年に示されたもので、医療も日々進歩していますので、それをいつまでも信じているのも問題でしょう。

その後も、鍼灸治療による近視治療に対する研究もいくつか見つけられます。いずれも視力が回復する肯定的なものが多いですが、しかし現在の信頼性の高い報告としては、コクラン・ライブラリーによる「小児の近視に対する鍼療法」があり、「鍼治療で近視進行を遅らせる効果を示すエビデンスを提供することができなかった 」とあります。4) その中の課題として、鍼治療とプラセボと比較すること、他のタイプの鍼治療が調査されることなど、一般的に鍼灸の効果を示す上でネックとなる点が上げられています。これらがクリアされていけば、鍼灸も近視治療の一つとして認められるようになるかもしれません。

また、遺伝性も含んでいる近視に対しての治療効果を表すことが難しいのかもしれません。そもそも近視進行の明確な原因も明らかにされていません。ただその中でも、偽近視や仮性近視とも呼ばれる状態、一時的な悪化を食い止めるという意味では、鍼灸にも役に立てることはあるかと思います。

(次に続く…「子どもの視力回復」)

 

  1. 文部科学省「学校保健統計調査」(平成30年度)
  2. Elie Dolgin. The Myopia Boom. Nature. 2015.
  3. Torii H, Kurihara T, Seko Y, et al. Violet Light Exposure Can Be a Preventive Strategy Against Myopia Progression. EBioMedicine. 2017. Feb;15:210-219.
  4. Acupuncture for slowing the progression of myopia in children and adolescents. Cochrane Systematic Review – Intervention Version published: 07 September 2011.

帯状疱疹後の痛みがつらい時

 神経ブロックもいまいち、薬も効かない、副作用も心配、服が擦れるだけで痛くて眠れない…

 そんな帯状疱疹後の痛みでつらい方の来院が続きました。時期的には少ない(夏に多い ※)らしいですが、これからも季節の変わり目、体調も崩しやすいので、今後なられた方のために。

帯状疱疹が出た時

 まずは、帯状疱疹が発症したとき、より瘢痕を小さくするために、より早期に炎症を抑えること(抗ウイルス剤治療)も大切です(発疹72時間以内に開始できれば合併症、後遺症を残しがたいとされています)。

 しかし、治療が遅れてつらい痛みが残ってしまった方も、大丈夫です。そんな帯状疱疹後の神経痛と呼ばれる痛みに対して、鍼灸が役立ちます。

帯状疱疹とは

 帯状疱疹とは、神経節に潜伏していた水ぼうそうのウイルスが再活性化し、皮膚に帯状の水泡ができることを言います。免疫力が低下したとき(高齢、過労、大きなストレス、悪性腫瘍、抗がん剤・免疫抑制剤治療時など)に、発症することが多い疾患です。高齢化や水痘患者の減少(免疫のブースター効果の減少)もあって、年々増加傾向にあるようです。

 一見、虫刺されや他の皮膚炎と間違うこともあります。特徴は、身体の片側だけで、皮膚症状の前にピリピリやチクチクするような痛みが出るようです。部位は、胸から背中(肋間神経沿い)、顔(三叉神経)、手足に出ることもあります。

 問題は、その後に残ってしまう言わゆる「神経痛」と呼ばれる後遺症です。抗炎症薬も効きません。帯状疱疹の炎症がひどいとき、より重症難治化しやすくなります。QOLが著しく低下することもあります(※)。

 部位的には顔が残りやすくなります(三叉神経領域)。中でも、ハッチンソン徴候といって、鼻の先端に皮疹が生じた場合、眼病変の合併頻度も高くなります(鼻毛様体神経領域)。

 ただ、「神経障害性疼痛」と分類される痛みも、それが神経の痛みなのかは疑問です。

帯状疱疹後の痛みに鍼灸

 この帯状疱疹後神経痛(PHN)に、鍼灸は効きます。鍼で皮膚の歪みを取ることで、痛みの原因を取り除きます。つまり「神経痛」ではなく、「皮膚の痛み」だと考えています。ただ、痛みも慢性化してくると、中枢性の問題も出てきます。他の痛みと同じく、より早くに鎮痛させることは大事です。

 さらに、痛みはその部分だけが原因ではありません。瘢痕部の皮膚だけでなく、痛みをかばう様にして出た筋肉の痛み、反射性に現われる痛み、さらにそこに影響を与える同じ神経領域の治療もできればより根本治療もできますので、やはり全身治療が効果的かと思います。

 

※ 

https://www.niid.go.jp/niid/ja/allarticles/surveillance/2433-iasr/related-articles/related-articles-462/8234-462r06.html

NIID 国立感染症研究所
「帯状疱疹の兵庫県内における30年間の動向把握から見えてきたもの」

  

アレルギー市民講座に出掛けてきました

こんにちは。先日、『「アレルギー週間」市民公開講座』神戸会場へ出掛けてきました。

神戸会場では「兵庫県のアレルギー疾患対策について」、「アレルギー性鼻炎・花粉症について」、「アトピー性皮膚炎の診断と治療について」の講演を聞くことが出来ました。

平成27年に「アレルギー対策基本法」が制定されてから国が積極的にアレルギー対策に力を入れるようになっています。

兵庫県でも県のアレルギー対策案を作ったり、アレルギー疾患拠点病院を選定したり、どこへ行っても質の良い治療が受けられるよう医療の均てん化の為の研修をしたり、また、県ホームページでアレルギー情報の発信を行なっているそうです。今回の市民講座も兵庫県、神戸市が共催しています。

よくわからないから困るアトピー、アレルギーに関しての情報は、公の信用のおけるところから得られれば安心です。

巷では今年の花粉の飛散は3倍だ、などとも囁かれて驚きましたが、気象庁が出している花粉飛散予測によると兵庫県については例年に比べ「やや多い」、前年に比べると「並」なのだそうです。それ程恐ろしくはなさそうです。それから兵庫県はスギ以外のイネやブタクサのアレルギーが多いとのことでした。

アレルギーは血液検査で陽性が出ていても必ずしも症状が出るわけではないそうです。体調によって症状が変化することも治療院で経験しています。

アトピーも花粉症も皮膚や粘膜のバリアを整えることが大切です。 皮膚・ 粘膜免疫が症状に関わるからです。

アレルギー疾患の予防のためには強い粘膜、皮膚を作れるよう、体調を整えることが大切だと改めて感じました。

関西での市民講座はあと3回、3月10日(日)大阪、3月16日(土)京都、3月21日(木祝)大阪で開かれます。

第25回アレルギー週間市民公開講座(平成31年2~3月開催)

第25回「アレルギー週間」市民公開講座

もうすぐ2月ですね。

2月20日は何の日かご存知ですか?

石坂公成先生がアレルギー症状の原因となるIgE抗体を発見し、それをアメリカのアレルギー学会に発表した日で、日本アレルギー協会が「アレルギーの日」と制定して様々な活動をされています。

今年も日本アレルギー協会では2月20日の前後1週間を「アレルギー週間」として、一般の方や医療従事者へ向けた公開講座を各地で開いています。

関西では、奈良市(2月9日(土))、京都市(2月16日(土))、大津市(2月17日(日))、神戸市(2月17日(日))、和歌山市(2月24日(日))、大阪市(3月10日(日))にて受講できます。

各会場で講師の先生や講座内容が違うので、興味のある方は各会場に足を運ばれるのも良いと思います。

参加無料ですが事前の申し込みが必要です。定員になり次第受付は終了します。

申し込み方法、講座内容については日本アレルギー協会関西支部のHPをご覧ください。

第25回アレルギー週間市民公開講座(平成31年2~3月開催)

http://allergie-kansai.jp/publics/index/81/

12月仕様です

こんにちは。

今年の秋は長くて紅葉も綺麗ですね。

秋だなぁ、と思っていたら今週末はもう12月。なぜか気持ちが焦ってしまいますが…。

慌ただしいながらも華やかな12月。

SORAでも少し模様替えをして、12月仕様でお迎えしています。

 

 

摂津本山クノスペさんのリースにインスタグラマーのameさんが黒板と素敵な文字を付けて下さったお気に入りのリース。

隣にあるのは院長が植えて5年目にようやく実ったレモンです。

 

 

天使もいますよ。 見つけてみてくださいね。

華やかな12月を楽しめるように、今月もお身体のケアをさせて頂きます。

It’s New

SORA鍼灸院の待合に新しい絵がやってきました。

 

 

治療院近くの「カトリック芦屋教会」の風景画です。

たまたま知りましたが、カトリック芦屋教会は先日芦屋市の「景観重要建造物」に指定されたばかりです。

芦屋市ホームページ
http://www.city.ashiya.lg.jp/toshikeikaku/keikan/jyuuyoukenzoubutu/jyuuyoukenzoubutu.html

 

泉川博之さんの作品です。

この絵は教会も素敵ですが、「空」がきれいで、目に入るたびに嬉しくなります。

 

絵を描くのは最高の気分!、楽しくてしょうがないと言われる泉川さんの作品は、繊細だったり、エネルギッシュだったり、面白かったり、とてもおしゃれで、いろいろな面が惜しげなく広がっているようでした。

泉川博之さんの個展は大阪の京橋画廊で、明日16日まで開かれています。

 

2018・ZERO展大賞記念 泉川博之個展のご案内

SORAの休日

こんにちは。連休明けの週、皆様はいかがお過ごしですか。

SORAでは連休明けの昨日からお休みを頂いていました。

初めての琵琶湖へ1泊で秋キャンプに出かけてきました。

美しい琵琶湖を眺めながら外でバーベキュー、花火もできて、無事にテント泊を楽しみました。

 

琵琶湖で拾った石でお遊び。

 

こんにゃくそっくりの石を使って、こんにゃく、大根、ちくわのおでん串。

 

シャケ。

 

ナスと人参。

 

私ども森川家族。

 

good石。

 

その他、マグロにぎり、テント、、家、へび、指紋?

すべて院長作です。

なかなか絵心のある院長。

娘のままごとのレパートリーも増えました。

リフレッシュして明日から通常診療いたします。

 

2018 夏休み in 岡山・広島

こんにちは。更新が遅くなりました。
SORA鍼灸院のお盆休み、観光編です。
(院長のボランティアの様子は別ブログにてどうぞ)

院長がボランティア中、娘と天満屋&アウトレットへ。
渋滞で到着が2時間ほど遅くなってしまったのと、暑さもあって、屋内プランです。

倉敷は駅から徒歩で天満屋さんにもアウトレットへも行ける便利な町でした。
(美観地区も徒歩10分程です。)
物欲の少ない院長の服をそろそろ買わなければと探しますが、なかなかピンとこず。
不思議と自分の物はすぐに見つかります(笑)。
その日は決めきれず、娘もバテてきたので、リサーチのみとなりました。

翌日、ボランティアを終えた院長も一緒に美観地区へ向かいます。
地元のパン屋さんで朝食をとり、美観地区のお店を巡ります。
風情があって素敵な街並みです。

テレビでよく見る大原美術館も美観地区内にありますが、今回は見送りました。
地元の作家さんの作品を集めたお店で、治療院用の飾りを買いました♪

午後から昨日のリベンジでアウトレットに寄り、院長の服を無事に購入。
良い買い物ができました♪
文化も買い物も徒歩圏内で楽しめる倉敷は豊かな町でした。

 

お盆休み後半は車で広島に移動して義兄の家にお世話になります。
市内に住む兄家族、親戚ともに、幸い豪雨での被害はなかったようです。
猛暑が続くので、兄家族が計画してくれ、夏でも涼しい三段峡という渓谷に連れて行ってくれました。

まずは三段峡へ向かう途中の釣り堀で、あまご、いわなの釣り体験。
そこでは釣れた魚を、その場で塩焼きか唐揚げで食べられます。

意気込んでエサを付けるも全く釣れず…。
見ると隣の少年がどんどん釣り上げるではありませんか!

エサの大きさを真似したり、エサの深さを変えてみたり。
いろいろ試しましたが釣れず…。

さらに観察すると、少年はイクラ(別料金200円)をエサにしていることがわかり、家族がイクラを付けるとどんどん釣れ始めます!
お兄さん家族のイクラを分けて貰って挑戦。
魚がどんどん寄ってきて、あっという間にイクラは皮のみに。
私は釣れませんでしたが、お兄さん家族は大活躍。
美味しい釣りたての魚を食べることができました。

腹ごしらえをして三段峡の滝へ出発。
滝へ向かう道は大人一人分ほどの幅で、片側は崖になっている所も多く、少しドキドキしながら向かいます。
少し進むと、一気に涼しく感じます。
山の良い香りがします。
川の水はとてもきれいです。

滝へ到着。
広島市内は37℃のこの日も、滝の周りは涼しく、心地良い。
しばらくひたりました。

帰りには浅瀬で少し川遊びも楽しみました。
足を浸けると氷水のように冷たい水に驚きます。

魚が寄ってきて足をツンツンしてきてびっくり。(汚れていたのかも…)
魚と近づけて嬉しかった~(笑) さっきは食べておきながら(笑)

院長はオタマジャクシ、
娘はタニシを沢山見つけました。
(その後川に帰ってもらいましたよ)

 

 

広島では倉敷の酒屋さんで勧められた地ビール(発泡酒)を、皆で頂きました。
真備竹林麦汁醸造所という真備町の障がい者支援施設の作業所で作られた地ビール(発泡酒)で、本格的な作り方と味で地元で人気のビールなのだそうです。
残念ながら今回の豪雨で被災されて、まだ再建されていません。
被害前に入荷していた貴重なビールは甘みのある優しい味わいで本当に美味しかったです。
被災された皆様の生活が早く落ち着かれますよう願います。

吉備土手下麦酒醸造所のホームページより
http://kibidote.jp/free/mabifukkatsu

 

SORAの夏休みはおかげさまで充実していました。

また毎日の診療に努めます。

 

日本アレルギー協会 市民公開講座のお知らせ

日本アレルギー協会 市民公開講座のお知らせです。

アレルギー週間のある春に毎年開かれていた公開講座が、本年度は秋にも開催されることになりました。

 

 

今回のテーマは『アレルギーとうまく付き合おう!』です。

9月9日(日)兵庫県民会館11階パルテホールで開かれ、講演は2部構成です。

 『子どものアレルギーとの付き合い方』
  講師:岡藤 郁夫 先生
  神戸市立医療センター中央市民病院 小児科 医長

 『ぜんそくー怖い病気?それとも怖くない病気?』

  講師:東田 有智 先生
  近畿大学医学部附属病院 呼吸器・アレルギー内科 教授

Q&Aの時間も設けられています。

 

今年は3年ぶりに「喘息予防・管理ガイドライン」が改訂されました。
1990年代までは6,000例あった喘息志望者数ですが、2016年には1,454例まで減っています。
1998年から発刊された「喘息予防・管理ガイドライン」の役割が大きいようです。

アレルギーとの付き合い方、ひどくしない予防の仕方を学ぶことで日常の安心も増えます。
鍼灸などの根本的な治療に加え、日々進歩している医療も上手に取り入れたいものです。

市民公開講座は無料ですが、事前の申し込みが必要です。

日本アレルギー協会関西支部HP

の市民公開講座のベージより申し込みができます。
日本アレルギー協会関西支部ではその他にもアレルギー患者さんとご家族の為の講座も企画されています。
興味のある方はチェックしてみてください。