治療院での流行り

治療院では、同じような症状や、同じような患者さんが続くことがあります。

 

現在、大流行の新型コロナウイルスですが、感染の疑わしい人は鍼灸院には来られません。

続いているのは、その感染症患者さんではない、他の症状やつらさです。

 

最近続いているのは、めまい&吐き気&頭痛・首こり、です。

おそらく、暑さの疲れ、熱中症、風邪症状等が加わって、内耳(平衡感覚器)の不調が、顕在化されるのではないかと考えます。

内耳の不調は、自律神経症状として、吐き気などにもつながります。

また、耳鼻咽喉科領域の不調は、頭部や首肩の筋に反射し、頭痛・首凝りにもつながります。

 

そういう「流行り」のような不調は、個人の問題だけでなく、環境(気候等)も影響しているのでしょう。

ですが、環境要因に対しては、対処が難しいこともあります。

環境は変えられなくとも、個人の要素(過労、内耳の不調、筋緊張等)を、改善して、症状を治めてもらいます。

 

そういった気候の影響は関係ないと思われる「流行り」が起こることもあります。

最近、当院で続いているのは、「産後ケア」です。

SORA鍼灸院では、周産期ケアに特化しているわけではありませんが、妊娠前からや、妊娠中からの患者さんが、無事に出産されて、また来院されるケースが、最近続いています。

出産お祝い金のローラー鍼

 

出産は、大きなイベントです。

肉体的、精神的、環境的にも、大きな変化があります。

社会的なサポートもまだ不十分だと感じます。

母親へのプレッシャーもあることでしょう。

それに加え、女性ホルモン(エストロゲン)の急激な減少に伴う、心身の不調は多いようです。

しかし、それだけが原因であれば、妊産婦さん全員が、不調に陥ることになります。

そうでないのは、他の要因もあるからでしょう。

 

気候の影響と同じく、対処できないものに解決策を求めるのではなく、それ以外の要因を考えて、治療していきます。

自分でも分からない不調、精神的な症状は、「内耳」の不調が原因になっていることも、多いものです。

 

そう考えると、産後ケアが増えているのも、実は、はじめの「めまい」が増えているのと同様に、環境要因が影響しているのかもしれません。

 

自分でも分からない不調、我慢せず、まずは相談して貰いたいと思います。

 

(院)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA