帯状疱疹後神経痛 Postherpetic Neuralgia

帯状疱疹とは?

 水痘・帯状疱疹ウイルス、いわゆる水ぼうそうを起こしたウイルスによって起こる病気です。水ぼうそうは治った後もウイルスは消えず、全身の神経節に潜んでいます。免疫が下がったときに再活動して帯状疱疹として発症します。通常身体の片側にだけ、特定の知覚神経に沿って赤い発疹が出て、水ぶくれ、かさぶたとなります。

 つらいのは、その後に残る痛みです。病院での治療目標も、疼痛のケアです。鎮痛剤やステロイド、三環系抗うつ薬などもよく使われます。

 

帯状疱疹後の神経痛?

 帯状疱疹は、ウイルス感染があって発症します。水疱はやがて消えますが、その後に残る痛みが問題です。「風が吹くだけで痛い」とか、「服がすれるだけで痛い」など、その痛みは強烈です。この痛みは回復期に発症し、部位も局所的であることから、この時期の痛みは、ウイルスが直接の原因でないことがわかります。

 このような鎮痛剤の効きにくい痛みに、鍼灸治療が有効です。この痛みは、瘢痕が皮下組織まで達し、皮膚に歪みが残ることで、常に痛みの感覚受容器が敏感になっていると考えます。したがって、よく言われるように発症後の速やかな治療が、歪みを抑え、痛みも残りにくくします。皮膚表面の歪みをとることができれば、痛みは取り除けます。

 

肋間神経痛・三叉神経痛

 知覚神経の走行上に痛みを伴い、顔に出た痛みを三叉神経痛、肋骨に沿うように出た痛みを肋間神経痛とも呼びます。名前からして神経が悪いようですが、坐骨神経痛などと同様、神経に問題があるのではなく、その神経のアンテナの先に問題があります。その先とは、皮膚や筋肉です。だからそこに鍼を刺すことで、痛みを抑えられるのです。「神経痛」という部類に入りますが、神経の損傷によるものだけではありません。

 

顔面神経麻痺(ラムゼイ・ハント症候群)

 帯状疱疹ウイルスの感染により、耳たぶ、外耳道に水疱ができ、前庭神経が侵されるとめまいに、蝸牛神経が侵されると難聴に、顔面神経が侵されると顔面神経麻痺になることもあります。(詳しくは、顔面神経麻痺

 

帯状疱疹後神経痛の治療

 神経ではなく、皮膚を治療します。瘢痕(キズあと)の下をうすく透かすような鍼をします。痛みがひどい場合は、そのまわりから攻めていきます。皮膚のゆがみが取れれば、痛みは治まります。

 また、身体は痛みを感じると、血行が悪くなります。そうなると、キズの治りも遅くなります。鍼灸は炎症を鎮めることに対しても効果的で、帯状疱疹の出た部分の体液循環をスムーズにすることでキズの治りも早くなります。痛みを抑えて、治癒力を高めます。

 また、水痘(水ぼうそう)は、基本的には一生に1回の発症です。そのときのウイルスが体内に潜んでいて、後に帯状疱疹を起こすことになります。帯状疱疹は、場所が変わって何度か出てくることもあります。どんなときに発症するかは、免疫力が落ちているとき。本来ならば身体が打ち勝てるウイルスですが、疲れがたまっていたり、体調が悪いとき、ウイルスに負けてしまいます。だから体調の崩しやすい季節の変わり目などは要注意です。鍼灸治療は、白血球など免疫細胞を活性化させます。発症、再発の予防も鍼灸治療で行なえます。