頭痛 Headache


頭痛は集中力をそぎます。

頭痛薬も頻繁に使うと副作用が心配です。

脳の中に問題があるのではと不安にもなります。

しつこく何度もくりかえす頭痛には根本治療が必要です。

 

頭痛も筋肉痛

 「頭が痛い」と言っても、その症状は人それぞれです。痛みを感じる場所もさまざまです。それは、その頭痛を起こす原因もさまざまだからです。

 頭痛も筋肉痛の一種で、皮膚や筋肉の緊張(スパズム)により起こるものと考えられます。頭にも筋肉があります。頭の骨を取り巻く帽状腱膜や、口の開閉に関わる側頭筋。また、頭につながる、顔面、首、肩にも、多数の筋肉が複雑につながり合っています。頭痛は、痛みがはっきり現れることから、表在感覚の痛み、つまり、筋肉の過緊張により筋膜や皮膚が引っ張り続けられることで、痛みが発生していると考えられます。

 事実、頭の中の脳には、痛みを感じる神経はありません。脳の手術でも、麻酔をかけるのは頭の表面であって、脳みそには麻酔をかけません。頭の芯が痛いと感じるのは、錯覚です。

 鍼を打つ場所も、決して脳ではありません。皮膚や筋肉です。そして鍼を刺して瞬時に痛みが治まるということは、その痛みの発生が、皮膚、筋肉、筋膜にあることも推測できます。

 

頭痛の原因

 そして、その緊張を発生させる原因はさまざまです。その頭の筋の緊張を招いた原因を、ひとつひとつ治療することで、片頭痛、拍動性頭痛、群発性頭痛、筋緊張性頭痛、慢性頭痛など、あらゆる頭痛を解消していきます。ここでも重要なのは、痛みを治療するだけでなく、その原因部分の治療を行わなければ、頭痛の根本的な解消にはならないことです。反射経路を考えれば、顔まわりの不調(口腔や耳鼻咽喉科領域の慢性炎症など)が根本原因に考えられます。

 ただし、頭痛には、脳腫瘍、くも膜下出血、髄膜炎など、たいへん危険な頭痛も存在します。これは鍼灸で予防することはできますが、治療には適していません。急な吐き気や高熱を伴なう場合はすぐに病院へ行き、適切な検査を受ける必要があります。

 

頭痛の鍼灸治療

1.根本原因となっている頭部の不調を治す

2.痛みの発生している筋肉・筋膜の緊張をゆるめる

 まず、頭の筋肉に影響を与える頭部の反応点にハリやローラー鍼をします。患者さんそれぞれに違う頭痛の原因のケアができるので効果的です。内臓の回復には少し時間がかかります。頭痛をコントロールするためにはこまめなケアが大切です。

 そして頭の筋肉(前頭筋、側頭筋、後頭筋など)、頭をおおう帽状腱膜などにハリやローラー鍼をしてゆるめます。筋肉がゆるめば痛みは治まります。頭部につながる頚部の筋肉も同時に対処することも頭痛対策になります。傷んでいる筋束をみつけてハリをするので効果的です。どの筋肉もつながっており、互いに影響を及ぼし合います。反応点を診て、筋肉の緊張を順番にとっていくことで、痛みも消えていきます。

 頭痛といっても原因となっている内臓、緊張している筋肉は人それぞれです。手先の感覚によってその原因を見極め、確実に筋肉をゆるめ、痛みを消失させます。さらに、その大もとの原因を取り除くことによって、再発防止が行なえます。