しびれ・麻痺 Numbness / Paralysis


広くはっきりしない居心地の悪さがあります。

痛みほどではありませんが、その気持ち悪さは嫌なものです。

しびれ、麻痺も、あきらめることはありません。

どちらのつらさにも、できることがあります。

 

しびれの原因と鍼灸治療

 しびれがどのように引き起こされているかははっきり解明されていません。血流障害や神経障害によるものだとよく言われていますが、あやしいものがあります。血流を改善しても、しばらく残るしびれがあります。また、もし神経が障害されたとしたら、起こるのはマヒです。それに神経はクッションに包まれており、簡単に圧迫され障害を受けにくい構造をしています。

 しかし、しびれに対して鍼灸治療は有効とされています。それは、血管や神経の障害が、しびれの直接の原因とするものではないと考えられます。鍼によって改善されるもの、つまり痛み同様、筋肉や皮下組織に原因があります。

 しびれがみられるときは、筋や関節がこわばり、緊張した状態によくあります。その緊張は、皮膚をひっぱり、その部分に多数ある神経のアンテナを刺激することで、しびれと感じるようです。それは、皮下の結合組織が密集していて、皮膚と筋肉の遊びのない口唇、指先、足先などで、しびれが多いことからも想像できます。

 よって、治療としては、しびれを感じさせる歪んだ皮下組織がどの筋肉によるものかを確認し、主にしびれ周辺の皮膚や筋肉をターゲットに治療を行います。神経や血管を治すことは難しいですが、神経を作動させているものを改善することは鍼灸治療が得意とします。

 

しびれや痛みの誤解

「ヘルニアがあるから、腰が痛い」

「神経が圧迫されて、しびれや痛みがひどい」

だから手術をしようか迷っていたり、あきらめていたり…

 神経は、痛みなどを伝える電線のようなもの。それが途中で障害を受ければ、信号は途切れます。だから神経の障害で起こるのは、マヒ。痛みやしびれを感じるのは、その電線の先にある、受容器(アンテナ)に、信号が入ったとき。その受容器が圧倒的に多く分布するのが、皮膚や筋膜。そこに痛みやしびれの原因があります。具体的には、炎症(キズ)であったり、筋肉の緊張(コリ)であったり。だから、皮膚や筋肉をターゲットにする鍼灸治療で痛みが治まります。痛みに対する誤解がまだまだ多いと感じます。

 さらにその皮膚や筋膜と神経でつながる内臓へアプローチすれば、しびれに対する根本治療が行なえます。

 

麻痺に対しての鍼灸治療

 しびれと混同されやすいのが、麻痺。しびれと麻痺は違います。しびれは感覚がありますが、麻痺は感覚がありません。麻痺は治療することがないかというとそんなことはありません。

 まず、健側(麻痺がない側)を労わることもできます。動かない身体をかばうために、動く部分に負担がかかります。四肢麻痺の人は、首から上が、とてもしんどい。そのコリや痛みをとると、つらさも随分楽になります。

 運動神経の麻痺による筋力低下にも効果があります。鍼灸の刺激で、直接筋力をつけることは無理でしょう。しかし、力が入らない原因に、痛みや筋緊張が関わっている場合は、改善することが可能です。その動作を制限しているブレーキを取り除くことで、可動域を上げ、動かすようになります。結果、筋肉を使うことになり、筋力も回復していきます。それにはリハビリも必要です。

 そして、麻痺によって動かなくなった身体が、いつか動くようになる可能性もゼロではありません。iPS細胞の研究により神経の再生も期待されていますし、自己再生力によっても新たな神経ネットワークが構築されることもあります。それには「動かそう」という思いも大切のようです。全てのつらさは、麻痺のせいではありません。あきらめなければ、可能性も開けます。