生理痛・生理不順 Menstrual Cramps


毎月来る痛みに憂鬱になりますね。

時には立っていられない痛みも。

同じ生理痛といっても、その症状は人それぞれです。

痛みは、自分にしかわからない、人にわかってもらえないのもそのつらさの一つです。

生理痛は当たり前ではありません。

生理痛にもできることがあります。

我慢されないで対策しましょう。

 


なぜ痛くなるの?

 痛みに大きく関わるのは、プロスタグランジンという物質。生理痛など痛み止め薬には、このプロスタグランジンの合成を阻害することで鎮痛効果を発揮するものがあります。プロスタグランジンは炎症に関わる物質で一般的ですが、子宮筋の収縮も促します。痛みは、炎症によっても、子宮の収縮によっても発生します。

 また、生理痛をひどく感じるとき、感じないとき、そして個人差も随分あります。それは、生理痛+α の部分が関わっています。下痢・便秘、膀胱、胃腸といった内臓の不調や、腰痛、肩こり、頭痛といった他の痛み。それらいろんな+α が加わって、「痛み」はできあがります。それら原因を一つ一つ取り除いていくことも、生理痛を和らげる上で重要です。

 

生理痛の治療

 おなかの反応点に柔らかいハリ、温かいお灸をして子宮内の環境を整えます。

 炎症を抑え回復を速やかにするには、血流やリンパの体液循環を良くすることです。その結果、組織の修復、改善が促進され、子宮粘膜が整えられ、痛みを鎮めることにつながります。炎症による腫れも痛みのアンテナを作動させています。治療により腫れやむくみをとってあげることで、痛みも和らぎます。

 そして子宮まわりの筋肉の収縮や、その皮下の歪みによっても、痛みは発生しています。だから痛みに対する治療は、その緊張をとることにもあります。緊張を和らげるのは、鍼灸の得意とするところであり、即効性もあることから、治療中にでも楽に感じていくようになります。

 また、痛みの原因は一つに限りません。子宮内の環境だけでなく、膀胱、腎臓、大腸、小腸、胃、その他の内臓も関わってきます。その反射によっても現れる、腰痛、腹痛、ひざ痛、むくみ、冷えなどにも、痛みは増強されてきます。一つ一つの要因は小さくて痛みと感じなくとも、それが合わさると立派な痛みと感じることもあります。そういった細かいマイナス要因を消していくことが、生理痛に対する治療です。

 さらには、月経周期に関わるのは女性ホルモン。ホルモンの分泌に影響するのが自律神経系の作用です。内臓、血管、皮膚など全身に伸びた自律神経系を整えることで、よりホルモンの変動が穏やかになると期待できます。全身の反応点に柔らかいハリ、温灸、ローラーを加えることで、つらいPMS(月経前症候群)の症状も緩和されます。

 

生理痛のセルフケア

 子宮粘膜は約ひと月かけて作られ、はがれます。丈夫な粘膜をつくるためには痛い時だけでなく、鍼灸治療に加えた毎日のケアも必要です。痛みは人それぞれ。その痛みがわかるのは本人でしかありません。だから、その痛みに対して自分で対処できる方法を知って下さい。薬に頼らなくとも、セルフケアで手当てができます。自分でもそのつらさを乗り越えられるようになりましょう。