ひざの痛み・変形性膝関節症 Knee Pain / Osteoarthritis Of The Knee


膝がうずく、動かそうとすると痛みが走る、

重だるい、階段がつらい、

立ったり座ったりがつらい、前だけでなく膝の裏も痛い、

スポーツもしたいどあきらめました・・・

水を抜いたり、ヒアルロン酸を注入したりのくりかえし。

そんな膝の症状にもハリやお灸が効果的です。

 


ひざの痛みの原因は?

 長く体重を支えてきた膝には負担がかかっています。膝まわりや太ももの筋肉の衰え、つっぱりも膝に負担をかけます。歩き方や姿勢のくせにより同じ筋束にばかり負担をかけていることも多いです。過度な負荷や継続した負荷が筋肉を硬く縮ませたり、つっぱらせたりして痛みをおこします。膝の変形がある場合も膝まわりの筋肉に過度な負担がかかっています。膝の中心に筋肉はないので、その周辺のふとももの筋肉から痛みがきています。痛みを感じるセンサー(受容器)は、皮膚表面に最も多く密にあります。骨や軟骨にはありません(骨を包む骨膜には痛みの受容器はあります)。痛みの原因は筋肉や筋膜です。

 

変形性膝関節症の痛み

 ひざの痛みの原因としてよく聞く、「変形性膝関節症」や、「半月板損傷」。しかしこういった構造上の変形は、痛みに直接関係していません。半月板の劣化は、高齢者のほとんどに見られます。しかし、痛みを感じるかどうかは別です。痛みのある人もいれば、ない人もいます。また、痛みを強く感じるときと、痛みが和らぐときもあります。このことからも、痛みの発生は骨や軟骨の変形ではない他にあることがわかります。

 

ひざの痛みの根本原因

 そして、ひざの痛みの発生源となっている筋筋膜の緊張は、姿勢や筋肉への負荷だけでなく、身体の中の不調が関係しています。腰の場合と同じように下腹部の臓器(腸、膀胱、子宮、卵巣、前立腺)に不調があると、その情報は神経を介して脊髄に入力され、腰、お尻、股関節から始まる筋肉へと反射し、緊張を与えます。筋肉は身体の中心へと引っ張られますので、結果として、膝の関節が痛くなります。膝の痛みにも下腹部内臓のケアが必要です。

 

ひざの冷えと痛み

 冬場、ひざの痛い患者さんに共通して診られるのが、膝の冷え。片方の膝だけ痛い患者さんは、その痛みのある膝だけより冷えている場合もあります。冷えと痛みに関連があります。

 冷えているのは、筋肉が緊張して、血行不良を起こしていることが考えられます。血管にも筋肉があって、それが緊張すれば血管は狭まり、血行は妨げられます。また、痛みがあれば、膝の曲げ伸ばしも控え気味になります。そうすれば血行は悪くなり、冷えと痛みはよりひどくなり、悪循環です。

 筋肉の緊張を緩めて、血行も良くすれば、痛みも冷えも改善されていきます。さらになぜ筋肉が緊張するのかを突き詰めていけば、内臓からの根本治療につながります。冷えと痛み、鍼灸治療の得意とするところです。

 

捻挫にも鍼灸

 捻挫には鍼がよく効きます。痛みや腫れをとるのに、即効性もあります。血液リンパ還流を促せば、治癒も早まります。ぐねってから、早めに、続けて治療するのが効果的です。

 足は2本でセット。片方の足だけ痛めても、痛みを我慢してかばっていると、逆の足に負担がかかって、両方悪くなることも多いです。足が弱ってくると、動くことも不便になり、活動性も低下します。ご高齢の方であれば、体力も気力も落ちていきます。いわゆる廃用症候群を引き起こします。足の痛みは早めに対処を!

 

膝の痛みの鍼灸治療

 膝と、膝につながる太ももなどの筋束の反応点にはりをして筋肉をゆるめます。膝に影響を与える下腹部の反応をみつけてはりやお灸をします。痛むところと、痛みをおこす原因に同時に対処します。下腹部内臓のケアで 膝の痛みだけでなく、内臓の不調からくる頻尿や足の冷えなども改善していきます。膝の痛みの改善には下腹部内臓のケアが大切ですが、内臓の回復には少し時間がかかります。

 

ひざの痛みのセルフケア

 当院では、患者さんごとの治療ポイントに印をつけ、ご自宅でお灸をしていただくセルフケアを提案しています。ご自宅でも安全に使えるせんねん灸もおわけしています。