椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症 Disc Herniation / Spinal Canal Stenosis


手術しないといけないのでしょうか?

手術しても痛みがあるのはなぜ?

神経は圧迫されても痛みは出ません。

痛みは、手術をしなくてもコントロールできます。

 

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・すべり症とは?

 骨と骨の間のクッションの役割をするのが、椎間板です。それが飛び出て神経を圧迫して痛みが出ると言われます。また、神経の通り道に、脊柱管があります。それが狭くなって神経を圧迫して痛みが出ると言われます。さらに、脊椎分離すべり症などと呼ばれるものもあります。本当に痛みは神経の圧迫だけが原因なのでしょうか?

 感覚神経は簡単には傷害されません。神経は強い膜で守られています。何より神経は、痛みなどの情報を伝える電線のようなのもので、傷害されれば、痛みなどの情報は伝わらなくなります。つまり、麻痺が起こります。痛みを感じているということは、神経は正常に働いてくれているとも言えます。

 また、間欠跛行とか間歇性跛行という特有の状態もありますが、少し休んだだけで戻るのであれば、神経の異常とは考えにくいものです。神経はあくまで情報を「伝える」もので、痛みの原因ではありません。

 

痛みの原因は?

 筋肉や筋膜、皮膚の緊張です。いわゆる腰痛と同じです。筋筋膜や皮膚の状態は、レントゲンやCT、MRIではわかりません。だから痛みは、誤解されてしまいます。ヘルニアや骨の異常があったとしても、痛みがあるとは限りません。事実、ヘルニアや狭窄があっても痛みを訴えない人もいますし、ヘルニアや狭窄を取り除いても痛みが消え去らない人もいます。つまり構造上の異常と、「痛み」は別の問題です。

 だから皮膚や筋筋膜をターゲットとする鍼灸で、痛みが治まるのです。したがって、痛みの原因、治療法は、腰痛をご覧ください。

 

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の手術は必要か?

 椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が確認されても、鍼灸治療によって痛みは軽減できます。では、逆にヘルニアや脊柱管の手術をして腰痛が治るのはなぜでしょう?それは、手術するにあたって、

・麻酔を打つことで、筋を弛緩させた、痛みの悪循環をブロックしたから
・しばらく安静にしていたことで、腰の負担を軽減したから
・脳の痛みのプログラミングをリセットできたから

などが考えられます。その効果が与えられれば、手術をしなくても治るのです。いずれにせよ、多くの痛みは、筋肉にあります。痛みが発生するのは、神経末梢にある、痛みの受容器が作動したときです。原因は、筋筋膜と皮膚にあります。