五十肩・四十肩 Frozen Shoulder


30代、60代なのに、五十肩?

寝返りのたびに痛みで目が覚める。

頭や背中に手が届かない、後ろのモノが取れない、日常生活に差支えも出てきます。

痛みや動作制限がでてきたら、早めの治療が大切です。

 

五十肩の原因

 肩こりの原因が内臓にあると考えるように、五十肩も、そこに原因があると考えます。

 五十肩の根本原因となっているものに、のど、気管支、肺の粘膜などの不調があります。そのマイナスの情報が、神経反射により、同脊髄分節上の肩まわりの筋肉を緊張させます。

 重要なのは、筋肉を緩めるだけではなく、その原因に対処することです。また、症状が出る前に未然にケアすることも大切です。

 

五十肩は早めの治療を

 肩関節は複雑な構造をしているため、この部分の障害は、周囲の筋肉、筋膜も巻き込みやっかいです。肩にある骨、肩甲骨には15種以上もの筋肉がついています。一部の筋肉に不具合が生じると、他の連結している筋肉まで悪影響も及ぼします。動きの悪さや痛みがひどくないうちに治療することが、五十肩治療のポイントです。

 

五十肩の鍼治療

 肩の奥のほうの筋肉(肩甲下筋など)の障害となると、手強い場合もあります。表面的な筋肉の障害だけよりも、時間がかかる場合もあります。ただ、奥の方の筋肉を狙えるのは、はり治療の強みでしょう。そのポイントをつくことができれば、いくらほぐしても動かなかった肩が動き、痛みが消えていきます。

 また、筋肉に注目するだけでなく、なぜその筋肉がトラブルを起こしたのか原因を探ることも重要です。その原因がなおざりにされていれば、その治癒はまた難しいものとなってきます。具体的には、肩周りの筋肉の支配神経とつながる、上半身の内臓が原因になっていないかを探ります。とにかく、五十肩は、早くに治すことが大切です。