ぎっくり腰 Strained Back


歩くことはおろか、身動きできなくなることもあります。

はじめて経験するともうこのまま動けないのではという不安もあります。

何度か経験すると、またいつ起こるのかと不安にもなります。

突然起こるようですが、慢性的な原因があります。

根本治療で予防も可能です。

 

ぎっくり腰の原因は?

 腰痛と同じく考えられます。発症は、くしゃみをしたとき、重い荷物を持ったとき、無理な姿勢をとったとき、寒さで腰が冷え固まっていたときなどですが、それはきっかけであって、原因は慢性的な筋の緊張にあります。いろんな複数の原因によって起こる、筋肉の緊張が問題なのです。急性炎症とされていますが、鍼をさして一瞬で痛みが消えることもあります。炎症が瞬時に治まるとは考えられません。筋緊張性の痛みと考えたほうが、理にかないます。こむらがえりのように、筋肉のけいれんが広い範囲で起こっているようなものです。だからぎっくり腰も、鍼治療で治めることができます。

 

ぎっくり腰の鍼治療

 したがって、治療方針としては、腰痛の場合と同じです。

1.根本原因となっている胸腹部の内臓の状態を整える

2.痛みの発生している腰背部やお尻の筋肉、筋膜の緊張をゆるめる

 まず、腰の筋肉に影響を与える腹部内臓の反応点に軽いハリやお灸をします。継続したお灸やハリ刺激は着実に内臓に働きかけて回復をうながします。患者さんそれぞれに違うぎっくり腰の原因のケアができるので効果的です。内臓の回復には少し時間がかかります。ぎっくり痛を予防するためにはこまめなケアが大切です。

 腰の筋肉、腰につながるお尻、背中、腹部の筋肉にハリをしてゆるめます。筋肉がゆるめば痛みは治まります。腰の筋肉と、おしりや腹部など腰の筋肉を引っ張る部位の筋肉も同時に対処することがぎっくり腰予防になります。傷んでいる筋束をみつけてハリをするので効果的です。どの筋肉もつながっており、互いに影響を及ぼし合います。反応点を診て、筋肉の緊張を順番にとっていくことで、痛みも消えていきます。

 ぎっくり腰といっても原因となっている内臓、緊張している筋肉は人それぞれです。手先の感覚によってその原因を見極め、確実に筋肉をゆるめ、痛みを消失させます。さらに、その大もとの原因を取り除くことによって、再発防止が行なえます。