顎関節症 Temporomandibular Disorder


顔周りの不調は、より不快に感じます。

顎が痛い、口が大きく開かない、

歯ぎしりがひどい、頭痛もする、

それらは歯の噛み合わせの問題ではないことがほとんどです。

その不調を起こす原因にも対処して、

根本治療を目指します。

 

顎関節症とは

 顎関節学会によると、『「あごが痛む(顎関節痛)」、「口が開かない(開口障害)」、「あごを動かすと音がする(顎関節雑音)」の三つで、このうち一つ以上の症状があり、鑑別診断で他の疾患がない病態を「顎関節症」といいます』とあります ※1。 他の疾患とは、化膿性顎関節炎、骨腫、悪性腫瘍、脳疾患等です。それらの疾患に対しては、その治療が優先となります。

 顎関節症の特徴としては、自然にも治るということです。放置しても3分の1は自然に症状が消失すると言われています。またどの治療法を見ても、効果は高いものです。治療としては、負担の少ないものを第一選択とするべきでしょう。ただ、まれに難治性の顎関節症であったり、再発をくりかえしたり、治療するほどではないけど違和感がある、ということもあります。早期の適切な治療が、重要になってきます。

 また、顎関節症 ≠ 顎関節炎です。炎症性のものだけでなく、筋肉、靭帯、関節円盤の不具合からくるものも多いということです。

 

顎関節症の一般的な治療

 歯科、口腔外科による、

1.鎮痛薬処方(痛み止め)

2.スプリント治療(マウスピース)

3.咬合調整(噛み合わせの調節)

などがあります。

 1.鎮痛薬(消炎鎮痛剤)については、上記の顎関節症 ≠ 顎関節炎からもわかるように、痛みに対する効果は低いものです。日本歯科薬物療法ガイドラインにも「関節痛への効果 32.2%」とあります※2


 2.スプリント治療の効果については、鍼治療と比較研究されたものがあります。(6か月以上痛みのある中等度、重度の顎関節症患者110人に対しての無作為化試験。鍼治療、スプリント治療、対照群を比較 ※3。)

 短期的(6か月)には、鍼治療がスプリント治療より優れており、長期的(12か月)には、鍼治療とスプリント治療に有意な差は見られなかったとあります。マウスピースを使ったスプリント治療には、慣れが必要ということでしょうか。

 また、同じ研究で、鍼とスプリント治療による有害事象の頻度も調べられています※4 。いずれも重篤な有害事象、合併症は観察されていません。そして鍼の有害事象というのは、「弛緩」、「疲労感」など一般的な鍼の不快症状で、技術により出さないことも可能でしょう。ならば、鍼治療も顎関節症の一つの有効な手段として選ばれてもよいでしょう。


 3.咬合調整についても、日本顎関節学会は、「初期治療としては推奨しない」とあります※1。歯を削ったりの不可逆的な治療は慎重にする必要があります。削った自然の歯は戻りません。咬合異常が原因でなければ、不必要なリスクを負うことになります。

 

顎関節症の原因

 では、なぜ顎関節症が起こるのでしょう? その原因として現在世界的に認められている考え方は、「多因子病因説」です。顎関節や筋肉に力のかかる様々な要因が重なり、その人の持っている耐久力を超えた時に、症状が出てくるという考え方です。

 様々な要因としては、ムチ打ちなどの外傷、かみ合わせの悪さ、歯ぎしりや歯をかみしめる癖、ストレスなどが考えられています。外傷のように原因が明らかなものもあれば、無意識に行なっていたり、何とも対策のし難いものが並べられています。

 私たちは、肩こりや腰痛等と同様に、痛みや動きの悪さの原因として、同じ脊髄神経支配の「内臓」を考えます。従って、顎関節を構成する咀嚼筋に影響を与えるのは、同じ三叉神経支配の不調であると考えています。それは、鼻、副鼻腔、口腔粘膜などの不調です。そこの状態を整えることで、顎関節症の根本治療を目指します。

 

顎関節症の鍼灸治療

1.根本原因となっている、頭部の不調を治す

2.痛みの発生している、顎関節まわりの筋肉・筋膜の緊張をゆるめる

1.まずはまわりの筋・筋膜へ影響を与える「内臓」の治療です。具体的には、鼻、副鼻腔、口腔粘膜などの不調です。ここが見逃されていると、慢性的になったり、再発をくりかえしたりすることになります。根本原因への治療が重要です。


2.主な症状として口が開かない、開けるときに痛むわけですから、閉口筋の障害が考えられます。側頭筋、咬筋、外側翼突筋(上頭)、内側翼突筋などです。

 外側翼突筋は、関節円盤に付着していることから、関節円盤障害(Ⅲ型)や開口時のクリック音に、内側翼突筋は、すりつぶし等の左右の側方運動時に作用することから、歯ぎしりに、関与していると考えられます。これら下顎骨の裏側にあるような翼突筋に対しても、深く刺入できる鍼は効果的です。

  顎関節症をお持ちの方に、頭痛(側頭筋;コメカミの筋肉)や、耳鳴り(内側翼突筋;鼓膜張筋の支配神経)などが多い※5 ことも、関連しています。

 

※1 顎関節症患者のための初期治療診療ガイドライン 日本顎関節学会

※2 顎関節症の関節痛に対する消炎鎮痛薬診療ガイドライン 日本歯科薬物療法学会

※3 Acupuncture in the treatment of patients with craniomandibular disorders. Comparative, longitudinal and methodological studies.
List T. / Swed Dent J Suppl. 1992;87:1-159.

※4 Adverse events of acupuncture and occlusal splint therapy in the treatment of craniomandibular disorders.
List T, Helkimo M. / Cranio. 1992 Oct;10(4):318-24; discussion 324-6.

※5 Is there a link between tinnitus and temporomandibular disorders?
Buergers R1, Kleinjung T2, Behr M3, Vielsmeier V4.
J Prosthet Dent. 2014 Mar;111(3):222-7. doi: 10.1016/j.prosdent.2013.10.001. Epub 2013 Nov 25.