反応点治療について


反応点治療とは

 反応点治療は、自律神経の反射メカニズムに着目した新しい治療学です。
 自律神経は自主的に働く自動能(全身性)と、反射によって局所性に働く機能がありますが、特に後者の局所性の作用を重視します。

1. 皮膚に触れると病気が分かる
 自律神経は疾病によって一部の交感神経の機能に影響して、皮膚の状態を変化させます。皮膚は体の内部の病気を教えてくれる最大の情報源であり、その部位を反応点と呼びます。訓練された鍼灸師は、皮膚に触れるだけで疾病の所在を知ることができます。

2. 反応点の治療が病気を治す
 反応点部に鍼灸治療を加えると、ピンポイント的に自律神経の疾病を回復させる働きを誘導します。やがて全身の自律神経機能を高めて健康へと導きます(自然治癒力の増強)。

3. 治療はオーダーメイド
 風邪をひいたと言っても症状が異なり、つらさの感じ方も千差万別です。自律神経反射による反応点の現れ方は、その時の個々人の疾病状態を正確に教えてくれますから、その人に最適な、いわばオーダーメイドの治療が可能です。

4. 隠れた原因を発見し、根本から治療
 痛みは主に皮膚や筋膜などを舞台に起こりますが、それらの部分の障害は内臓の慢性疾患によってもたらされます。痛みの除去と同時に内臓疾患など、根本の原因を治療します。

5. 真に苦しむ人を救う
 この治療は通常の西洋医学が上手に対応できない疾病であったとしても、広く対処できます。むしろ私どもは、医療の狭間で苦しむ方のしあわせづくりに役立ちたいと考えています。

6. 通院の目的
 単純な痛みなどの症状は、簡単に回復しますが、健康で愉快に生きたいと考える患者さんには、定期的な通院をお勧めしています。からだ本来が持っている回復しようとする力をしっかり下支えできるよう、一定の頻度での受診をお勧めしています。そして、より健全なたのしい生活をお送り頂きたいと願っています。

反応点治療研究会 顧問 博士 河村廣定
  


皮膚を触って身体の中がわかる

反応点治療本

 SORA鍼灸院の行う治療は、「反応点治療」と呼ばれる鍼灸治療です。一番大きな特徴は、皮膚に軽く触れることにより、身体の不調部分を見つけられることです。はじめての方には、とても不思議に思われるかもしれません。

 身体内部の不調は神経を介して皮膚を変化させます。この皮膚に現れたサインを「反応点」と呼び、その病変を指先で感じ、そこに治療します。

何が皮膚に現れるのか?

内臓体性反射

 身体の中の不調です。内臓の病変であったり、いわゆるコリと呼ばれる筋緊張(筋硬結)であったりもします。身体の中の状態が、神経を通じて脳や脊髄、そして皮膚にも情報が送られます。この皮膚に送られた情報が、反応点です。

 同様に、筋肉の緊張やコリ等は皮下組織の状態を変化させます。これによっても、皮膚上に反応点が形成されると考えます。身体内部のコンディションが通常状態と異なる場合に反応点は現れます。

 反応点は特定の疾患に対して、特定の場所に現れます。その悪い部分を指先で感じ取り、そこを治療していきます。

なぜ治るのか?

 反応点治療は身体にとてもやさしい治療です。皮膚に現われた反応点に、鍼やお灸をします。ほんの小さなやさしい刺激です。しかし、皮膚は神経のアンテナがとても集まっている部分です。そのため、小さな刺激であっても、身体にとって大きな効果を与えることができます。

 鍼の刺激は、末梢の体性感覚神経を通じて、脊髄に入力され、交感神経に作用します。交感神経への入力は特定の内臓及び器官に作用します。その刺激は、

・血管拡張作用 = 血流改善
・血管透過性亢進作用 = むくみの除去
・リンパ管の拡張 = リンパ流の改善
・発痛物質の除去 = 痛みの緩和
・白血球等の免疫細胞の活性 = 免疫調節

などの作用を引き起こし、組織の改善、修復を行います。最初は小さな変化ですが、継続することにより、確実に身体の状態が良くなっていきます。

痛みに対して効果的な理由

 痛みはどこに起こるのでしょうか?よく、「膝のしんが痛い」という言葉を耳にします。しかし、身体の深部には痛みを感じる神経はほとんど存在しません。また存在しても鈍感(どんかん)です。この様に考えると骨が痛い、身体の中が鋭く痛いということに疑問が残ります。

 ではどこが痛いのでしょうか?身体のもっとも敏感な部分は皮膚です。皮膚や表在筋膜には多くの痛みのセンサーがあります。皮膚は身体の防衛の最前線で、危険(痛み)をいち早くキャッチする必要があるからです。身体の中のしんが痛いと言うのは、広い範囲の皮膚や筋膜の痛みが、あたかもその中心部を痛いと錯覚させるのでしょう。

 反応点治療では、その皮膚、筋膜に着目をします。身体の中の異常は皮膚に現れ、そして痛みも発生します。それゆえ皮膚や筋膜を狙って鍼やお灸をすることによりその緊張状態を取り、痛みを除去します。皮膚と皮下の密着した状態を、鍼刺激によってゆとりを持たせることで本来の皮膚状態に戻し、痛みが除去されます。

 痛みを早期にとることは重要です。苦痛を除去することで、心の安定を促し、それが身体の回復をさらに促進させます。痛みの悪循環も断ち切ります。

私たちの目指す治療

青空

 私たちの治療では、検査や機械ではわからない身体の小さな不調も探し治療を行えます。この不調は自覚症状を伴わない場合が多いものです。そのため、本人にも原因が分からないこともよくあります。

 やはり、現代医療にも盲点はあります。この盲点によって苦しむ方々の力になりたい。だから反応点治療は、現代医療とは違う角度から人の身体を診ます。それにより、今までどの病院に行ってもよくならなかったという方のつらさを治すことができると考えます。