W杯が心臓に与える影響

前記事の「震災」に引き続き、もう一つ、心臓に与える非日常の出来事があります。
日本代表の活躍で盛り上がる4年に1度の「サッカーW杯」です。

「サッカーワールドカップにおける心臓血管イベント」※2

2006年ドイツワールドカップ大会開催中のミュンヘン在住者の心臓発作の件数について調べた論文です。
結論から言うと、ドイツ代表チームの試合があった日は、冠動脈疾患(心筋梗塞、狭心症発作)の発症が、対象期間と比べて2.66倍多かったということです。
6月9日から7月9日まで開催され、2003年、2005年を比較対象期間としています。

試合のあった日がスパイク状に多くなっています。
詳しく見ると、予選リーグ3回戦では決勝進出が既に確定していたようで、それほど上がっていません。
決勝トーナメント1回戦もそれほど上がらず、対戦相手がスウェーデンだったこともあるでしょうか。
準々決勝のアルゼンチン戦、準決勝のイタリア戦で、かなり増加しています。
そしてその準決勝で負けてからの3位決定戦では、またそれ程上がっていません。
緊張感のある大事な試合で、より心臓発作のリスクがあるということです。
心臓に問題のある人は、注意して観戦せねばなりませんね。

次の日本 vs ポーランド戦も、決勝進出がかかる緊迫した試合になりそうです。
心配な人は、終わってからニュースで見るのもいいかもしれませんね。

 

※2 Cardiovascular Events during World Cup Soccer
Ute Wilbert-Lampen, M.D. et al.
New England Journal of Medicine ; vol 385: 475- 483, 2008