認知症の改善

「認知症」の患者さんにおいて治療効果を感じられた一例です。

元々は、「頻尿」の為の治療でした。
頻尿は、膀胱反応点への施灸や刺鍼で、改善はよく見られます。
鍼灸の得意とするところでしょう。

また、反応点治療では、全身治療を行ないます。
認知症薬を長く服薬されていることもあり、頭皮にも注目して施術、セルフケアもお願いしました。

すると、2回目の施術の時点で、

「頭がはっきりしてきた」

と、思わぬ効果がありました。
その後も、鍼灸を始めてから、変化してきた様子です。

「薬を自ら飲むように」
「応答がしっかりするように」
「置いてあった洗濯物を畳むように」
「料理の手つきがしっかりしてきた」
「ゴミ捨てを積極的に行なうように」

記憶力の向上というよりは、意欲の向上かもしれません。

しかし、「意欲低下(アパシー)は、認知症の原因となる疾患のほとんどすべてで、最も高頻度に認められる行動・心理症状(BPSD)である。」※

とあります。
他にもパーキンソン病、脳卒中後患者、脳器質疾患など、多くの神経障害疾患で、見られる症状です。
BPSDといいつつも、抗認知症薬で改善がみられることもあり、脳内の神経伝達物質や前頭葉-皮質下回路の障害ではないかとも言われています。

(今年2月には「脳内にある、やる気のスイッチを発見」※2 というニュースもありました。大脳基底核(腹外側線条体の D2-MSN)の細胞集団にあるようです。)

 

意欲の低下は、QOLの低下や、介護者への負担にもつながります。
意欲低下が、老いること、そして認知症につながるとも考えられます。

意欲の向上が見られたということは、本人や家族にとって喜ばしいことです。
それが、認知症の予防や老化の抑制にも、つながるかもしれません。

 

全身治療の為、何が作用しているかは不明です。

しかし、頭皮に反応点が見られていたこと、鍼灸を始めてから改善が見られたことから、鍼灸治療やローラー鍼刺激に何かしら効果があったのではと思います。

認知症患者さんに限らず、予防も見据えて、頭皮の反応点には注目していきます。

 

※1 認知症疾患治療ガイドライン2010

※2 脳内にある、やる気のスイッチを発見-意欲障害の治療法探索が可能に-
慶応義塾大学 医学部

 

 

認知症と頻尿

前回「認知症の鍼灸治療」に引き続き、
今回は、認知症と頻尿について。

 

 

どちらも、高齢者に多い症状の為、同時に悩まれている方も多いようです。

「認知症」の薬に、アセチルコリンエステラーゼ阻害剤(アリセプト等)があります。
アルツハイマー型認知症では、脳内のコリン作動性神経の機能低下が起こっており、アセチルコリンが低下しています。
脳内のアセチルコリンを分解する酵素を阻害することで、コリン量を増加させ、認知機能を改善します。

「頻尿」に出される薬に、抗コリン薬があります。
膀胱周辺にはコリン作動性の神経が存在しており、排尿筋の収縮、括約筋・三角筋の弛緩作用により、排尿を促進させます。
その副交感神経亢進のアセチルコリンの作用を抑えることで、コリン量を減少させ、頻尿を改善します。

この相反する作用から、従来の過活動膀胱に対する抗コリン薬には、脳(中枢)へも影響を与えるものがあり、注意も必要です。

(最近の頻尿(過活動膀胱)の薬には、膀胱だけに作用するものや、上記と違う作用(交感神経を促進)で改善するものもあります。どちらの症状に対しても、併用できるお薬はあります。)

 

その抗コリン薬が、認知機能へ与える影響について。

「認知機能低下を誘発しやすい薬剤」というものが、認知症疾患治療ガイドライン※1 にも載っています。

睡眠導入剤、向精神薬などが上げられますが、抗コリン薬もあります。

その薬を止めれば治まる短期的なものもあるようですが、「長期的な抗コリン作用のある薬の使用で、認知症発症リスク増加」という研究※2 もあります。
「65歳以上の高齢者が、3年以上常用量の抗コリン作用のある薬の使用で、認知症のリスクの増加が生じる可能性がある」ということです。

この抗コリン作用の薬は多く、頻尿改善、下痢止め、抗パーキンソン、酔い止め等があります。
また、抗ヒスタミン剤も、副作用として抗コリン作用を持っているそうです。
とても多くのお薬が該当するので、注意は必要でしょう。

 

逆に、認知症薬が、膀胱へ与える影響も考えられます。

アリセプトのホームページ※3 には、
「副作用として、頻尿が8例/4429例(0.18%)が報告」
「頻尿の発現機序については、コリン作動性作用が影響する可能性」
ともあります。

確率は非常に低いですが、0とは言えないようです。

 

こういった薬の影響もあるので、おかしいなと思えば、医師や薬剤師さんに相談されてみて下さい。

 

この認知症患者さんの頻尿という症状は、少なくないようです。
記憶障害の影響で、トイレに行ったことを覚えていなくて、何度もトイレに行くこともあります。

周辺症状(BPSD)ととらえ、環境や接し方を変えることで、改善することもあります。
つまり何かしら理由があって、「頻尿」という行為につながっているということです。

例えば、トイレに行くことで、落ち着くことはあります。
何か不安を紛らわせるために、トイレに行くことも考えられます。
そのときは、その「不安」を対処することで、「頻尿」が治まることもあるのでしょう。

認知症の症状も、頻尿も、その人それぞれの原因があります。
いろんな視点で考えていく必要がありそうです。

 

※1 認知症疾患治療ガイドライン2010

※2 Cumulative use of strong anticholinergics and incident dementia: a prospective cohort study.
Gray SL. JAMA Intern Med. 2015 Mar;175(3):401-7. doi: 10.1001/jamainternmed.2014.7663.

※3 アリセプト(エーザイ) 第Ⅶ章 注意すべき副作用とその対処法