食物アレルギーについて

アレルギー学会感想つづき

食物アレルギーについて

最新の治療は「どう食べさせるか」が基本になっていました。
口から取り込み、腸内で抗体が作られることで耐性ができるからです。

具体的には必要最小限の原因食物除去。食物経口負荷試験で原因食物の食べても症状が出ない量を確認し、食べられる量は積極的に食べる。
3歳未満では6カ月ごとに原因食物に反応しているIgE抗体検査、6カ月から1年ごとに経口負荷試験をして食べられる物、量を確認していく。
(6才以上ではIgE抗体検査、経口負荷試験は1年から3年毎)

必要最小限の食物除去とは
1.食べると症状が誘発される食物だけを除去する。”心配だから”、“念のため“といって必要以上に除去する食物を増やさない。
2.原因食物でも症状が誘発されない、食べられる範囲までは食べることができる。
食べられる範囲“の量を除去する必要はなく、むしろ食べられる範囲までは積極的に食べるように指示することが望ましい。
(食物アレルギー診療の手引き2014より)

学会では症状が出る量を食べてしまった場合でも、その1回の負荷で耐性ができることもあると言われていました。

 

食物アレルギーは 秋冬生まれ、離乳食開始の遅れ、家族歴、環境アレルゲンの有無がハイリスクになるといわれます。

最近増えているのは果物アレルギーで、花粉症が関係する可能性が高いとのことです。

花粉症があると、交差抗原性といって、アレルゲンそのものでなくても似ている構造のあるものに反応して症状がでてしまうので、
カバノキ科ハンノキ属(ハンノキ)、カバノキ属(シラカバ)は、バラ科植物のリンゴ・モモ・サクランボなど、
イネ科とブタクサは、ウリ科植物のメロン、スイカなど、
ヨモギは、せり科植物のセロリ、ニンジンなどを食べるとアレルギー症状が出るのだそうです。(口腔アレルギー)

舌下免疫療法などの花粉症の治療をすることで、耐性ができ、上記のアレルギーも治る可能性も示されました。

 

また、皮膚や粘膜のバリアを強化することで皮膚や粘膜直下にいる免疫細胞の応答が減り、症状が出にくくなるのだそうです。

鼻の粘膜は腸などの粘膜と違い皮膚に近い構造を持つため、潤いやバリアを保つことで症状を予防できる可能性が高いそうです。
花粉症でも皮膚バリアの強化がポイントになりそうです。

食物アレルギーのハイリスクである秋冬生まれは、日照時間や日光に当たる機会が減ってビタミンDが不足すると食物アレルギーになりやすいという説もありますが、皮膚粘膜の乾燥でバリアが壊れたことも疑えます。

※バリアの強化は粘膜へのワセリンの塗布、症状が出ている場合にはステロイド塗布
(鍼灸での対策は、鼻粘膜の循環を良くして潤いを保ったり、粘膜細胞のターンオーバーをスムーズにしたり、酸素や栄養が患部に届きやすくなるので粘膜の強化につながります。)

 

食物アレルギーは乳児期の発症では治りやすいとも言われていました。
乳児期は皮膚粘膜も薄く、免疫細胞の発達も途上なので、症状が出るのも当たり前なのかもしれません。

アトピーや喘息がある場合は、重篤な症状を防ぐために、まず湿疹の治療、喘息の治療をしてから、食物アレルギーの治療に入るそうです。

学会では湿疹の治療そのものが食物アレルギーを減らすという研究発表もありました。
湿疹部で多く作られるリンパ球の好塩基球が腸管粘膜にある肥満細胞を活性化して症状が出る可能性があるそうです。

皮膚や粘膜の症状は食物アレルギーを増やす。
やはり皮膚や粘膜から入るとアレルギーになり、口から入ると耐性ができる、というのが基本のようです。

 

 

来年の花粉症治療

今年も暖かった先週あたりに、花粉症がひどくなっている方がおられました。サクラと同じく、遅めにどっと来た感じです。ここ西日本では、花粉はスギからヒノキへ移り変わっていますが、「ヒノキの方が症状がきつい」、「目のかゆみがひどい」、「ノドが不快」といった患者さんも多かったように思います。

スギに対してアレルギーを持っている人は、ヒノキも併発しやすいことが言われています。ヒノキに反応している人は、スギ花粉が飛び始めてから長期間、アレルギー症状に悩まされることになります。すると、始めは鼻だけにきていた人も、鼻詰まり⇒口呼吸⇒咽へ影響、という一歩進んだ症状に移りやすいとも言えます。症状は長引くほど、重症化しやすい傾向があります。

とはいえ、ヒノキもピークを迎え、春の花粉症は、あと少しです。鍼灸治療でアレルギー症状やそれに伴う他の症状(頭痛、肩こり等)を楽にすることができます。それら症状の程度は、体調などによっても変わります。花粉量と症状の度合いは比例しないようです。「花粉」だけが問題ではなく、花粉に対する「身体」の問題です。だから、花粉を責めるよりも、自分の身体を見直してみましょう。

また、一般的に、花粉症のようなアレルギーは、「一度発症すると治らない」とか、「アレルゲンに触れると必ず反応するようになる」と言われますが、そうでもありません。アレルギー疾患に関わる免疫反応は複雑です。単純に免疫が上がるとか、下がるとかでは説明できないものもあります。

そんな花粉症もできれば、マスクや抗アレルギー薬といった対症療法に頼らず、根本治療を目指したいところです。それには、一般的に根本治療として認められている「減感作療法」と同じく、花粉症の飛散時期を避けた、これから次のシーズンまでが重要なのでしょう。花粉症のつらさも実感している「今」が、治療の始めどきなのです。

かく言う私も、この春の花粉に対してアレルギーがあるようです。(そう、先週あたりにどっと。)そんな花粉に反応しない身体になったと、いつかご報告できればと思います。

アレルギー市民公開講座にいってきました

日本アレルギー協会主催の市民公開講座に出かけてきました。

私(副院長)も所属している日本アレルギー協会は、1966年に石坂公成先生がIgE抗体を発見したのを機に1967年に発足しました。
IgE抗体が米国のアレルギー学会で発表された2月20日を「アレルギーの日」と制定し、1995年からその前後1週間 を「アレルギー週間」としてアレルギー疾患に対する一般の方々や医療従事者の理解と啓発活動を行っています。

神戸会場のテーマは
『治療について考えよう』

第一部
「花粉症・アレルギー性鼻炎の対策と治療」
都築健三先生(兵庫医科大学病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 准教授)

第二部
「アトピー性皮膚炎をしっかり治すために、正しく理解しよう」
福永淳先生(神戸大学医学部付属病院 皮膚科 講師)

という2つのプログラムでした。

第一部では、

鼻の仕組みや炎症の起こる機序の説明から始まり、対処療法、根治療法の種類と方法、セルフケアのアドバイスもありました。対処療法としていくつかの手術の様子を実際に見ることもできました。

配られた冊子によると、

・根治療法である減感作療法(皮下免疫療法)は症状の軽減、無症状が80%以上であるが、治療が年単位で頻回の通院が必要であること。

・新しい免疫療法である舌下免疫療法は皮下免疫療法より副作用が少なく、初回以外は自宅でできる手軽さはあるが、患者さん自身の理解がより必要になること。

・皮下免疫療法は季節の3か月前からの通院と皮下注射を年単位で行う必要があり、副作用の可能性もあるために注射後の観察も必要で、治療を完了できない方も多かったようです。それに比べて新しい舌下免疫療法は患者さんの負担が減るので多くの方が治療を完了できるようになるだろうといわれています。今後10年以内には、さらに負担が少なく、より安全な療法が受けられるように研究開発がされています。

第二部では、

・皮膚バリアが壊れると、異物によって炎症を起こす免疫細胞が増え、また、痒みを伝える神経そのものの成長が起こり、掻くことでさらなる炎症が起こること

・皮膚バリアを保つために保湿だけでなく保清も大切であること

・痒み、アレルギー反応は、いくつかの機序から起こり、一つの原因で起こるわけではないこと

・炎症を起こしている免疫担当のリンパ球は、薬(ステロイド・タクロリムス)でその働きを抑えているうちにアポトーシス(もともとプログラムされた細胞死)が起こり、炎症が治まること

・痒みやアレルギーを誘発する物質がいくつかわかってきて、それに対する薬の研究も進んでいること

・医師の説明がしっかりなされ、患者さんが理解し、患者さん自身が治療方針決定に参加する”アドヒアランス”が重要

など、わかりやすく聞くことができました。

花粉症とアレルギー性鼻炎では粘膜に付着させないこと、アトピー性皮膚炎は皮膚のバリア機能を保つことが大切です。
粘膜や皮膚の潤いを保ち、強化することによって症状が抑えられるというヒントがたくさんありました。

皮膚や粘膜の代謝を整えたり、皮膚や粘膜をつくる内臓の働きを高めることは鍼灸の得意分野です。
SORAの患者さんにもお伝えしていこうと思います。

患者さん本人が体の状態を知る機会が多いほど、不安も減り、治療に取り組みやすくなります。
関西での市民公開講座は2月26日で終了しましたが、日本アレルギー協会では一般の方への情報発信もしています。
興味のある方は是非のぞいてみて下さい。

日本アレルギー協会
http://www.jaanet.org/

↑ 配られた冊子。治療院に置いてあります。