第8回 関西⇔東北⇔九州ポジティブ生活文化交流祭!

毎年11月23日の祝日に大阪長居公園で開かれているイベント。

個人的には毎回遊びに出かけていましたが、今回は、はり灸レンジャーとして初めて出展しました。

会場は屋外ですし、寒さも気になりましたが、22人の方に鍼灸を体験して頂きました。


(施術する私、受付に座る院長と娘)

前日の雨で足元がぬかるみ、寒風の吹く中でしたので、お天気ならもう少し客足も伸びたはず?

このイベントには、地元関西、そして東北や九州から50を超える団体がブースを出展していて、美味しい食べ物やご当地グッズ、手作り品など、お手頃で素敵な商品が沢山でした。
施術の合間にしっかり楽しみもしましたよ。

今年の戦利品は、毎年楽しみにしている東北「千寿(ちじゅ)の会」さんの手芸品、大阪「こさり」さんのパンとお菓子、滋賀「つるや」さんのサラダパンとラスク、そしてステンレスのお皿!


(皿に乗るパンとラスクは翌日の朝食に)

娘が見つけて大興奮だったお皿は一枚200円。
いろいろな種類があり、高いものでも500円。

はり灸レンジャーのメンバーも次々に買ってしまったこのお皿、我が家は2枚も購入してしまいました(笑)

購入してからというもの、毎食この状態で食卓にのぼっております。

娘は「このお皿大好きすぎる~」と皿を抱きしめたり、磨いたり、満喫している様子。
楽しい買い物でした。

さて、来年はどんな掘り出し物があるでしょう。

できればもう少し暖かい祝日になりますように。

11/23(祝)大阪でのイベントに出展します

東北の震災以降、被災障害者支援の一つとして、大阪でイベントが開催されてきました。
私たち「はり灸レンジャー」が現地訪問でお世話になるNPO団体が来られていることもあり、ここ数年は参加していました。
交流祭ということで一般客として参加させて貰っていましたが、今年は違います。
はり灸レンジャーとして、出展させて頂きます!

被災地で行ってきたように、鍼灸施術やセルフケアの方法やポイントをお伝えします。
セルフケアグッズの販売も行ないます。
被災地と違って今回は料金を頂きますが、体験価格となっています。
また、売上の一部を、被災障害者の支援として使われる「ゆめ風基金」へと募金もさせて頂きます。

当日は他に50以上ものブースが出展されています。
東北や熊本で、被災された団体も来られます。
グッズの販売、食べ物の販売もあります!
子ども向けのコーナーもあります!

ご都合のつく方、是非お越しになられてください!

 

ずーっと続けてく被災障害者支援イベント
第8回 東北⇔関西⇔九州ポジティブ生活文化交流祭

【日時】 2017年11月23日(木・祝)11:00~16:00
【場所】 大阪長居公園 自由広場

詳細は下記ホームページへ↓
http://tohoku-kansai.seesaa.net/

(時計台のある入口すぐの本部の隣のテントが、はり灸レンジャーです)

被災地東北の復興の差

先月9/19(月・祝)~9/20(火)、「はり灸レンジャー」として東北へ行ってきました。
今回は娘を祖父に預け、夫婦二人で参加しました。

詳しい内容や感想、被災地の様子は、こちらに↓

はり灸レンジャーブログ

復興の差(その一)
復興の差(その二)

福島訪問を終えて

 

阪神淡路大震災のときと比べると、復興が遅れていることは、その規模からも想像がつきます。
そして実際に現地に訪れてみると、東北地方の大きさを実感します。
(岩手県、福島県は、北海道に次ぐ面積です。)

地域も広ければ、被害の程度や様子もそれぞれです。
同じ被災地東北といっても、地域で復興の差を感じました。
元々の過疎化や高齢化の問題もあります。
そして、原発事故の被害があります。

 

今回は福島県田村市にあるNPO団体の事業所で鍼灸治療を行ないました。
田村市は、福島第一原発のある双葉郡の内陸にはなりますが、放射能被害の影響は受けています。
施術中には、震災をきっかけに、仕事や職場を変えられた話をよく伺います。

実際にそういう方とお話しすると、より他人ごとではなくなります。

また、今回は震災後はじめて、原発周辺の町を車で通りました。
といっても、未だある帰還困難区域には、自由に入れません。
これまで訪れた被災地とは違って、一見手つかずのようにも見える風景に唖然としてしまいます。

 

 

放射能被害については、わからないこと、見えないこともあり、その対応にも意見が別れます。
肉体に与える影響だけではなく、精神面、環境面にも与える影響を考えねばならないのでしょう。
6年半経ってのこの現状は、人間が、手に負えないものに、手を出していると感じざるをえません。
この惨事をきっかけに、考え方を変えていかねばと思います。

そんな被災地で感じたことを、身近な人たちにも伝えていきたいと思います。

 

 

3/11を迎えて

東日本大震災から丸6年の今日、芦屋市では訓練の緊急速報メールが一斉送信されました。

朝10時になると、SORAでも皆さんのスマホが一斉に鳴りだしました。

 

節目に災害時の行動を改めて想像し、また日々の平安の有難さを感じることができます。

院長、副院長が参加しているはり灸レンジャーの活動も7年目を迎えます。

今年も東北での活動と昨年から加わったの熊本での鍼灸活動を予定しています。

まずは今月19日から熊本での3日間の活動が始まります。

 

関西には東北から避難され、生活されている方も多くおられます。

今朝の新聞では阪神間で109世帯298人、そのうち芦屋市には19世帯44人の方が今も避難生活を送られているそうです。

これからの活動として、こちらに避難されている方々への鍼灸ケアもできればと模索しています。

できることを少しづつ続けていこうと思います。