食物アレルギーについて

アレルギー学会感想つづき

食物アレルギーについて

最新の治療は「どう食べさせるか」が基本になっていました。
口から取り込み、腸内で抗体が作られることで耐性ができるからです。

具体的には必要最小限の原因食物除去。食物経口負荷試験で原因食物の食べても症状が出ない量を確認し、食べられる量は積極的に食べる。
3歳未満では6カ月ごとに原因食物に反応しているIgE抗体検査、6カ月から1年ごとに経口負荷試験をして食べられる物、量を確認していく。
(6才以上ではIgE抗体検査、経口負荷試験は1年から3年毎)

必要最小限の食物除去とは
1.食べると症状が誘発される食物だけを除去する。”心配だから”、“念のため“といって必要以上に除去する食物を増やさない。
2.原因食物でも症状が誘発されない、食べられる範囲までは食べることができる。
食べられる範囲“の量を除去する必要はなく、むしろ食べられる範囲までは積極的に食べるように指示することが望ましい。
(食物アレルギー診療の手引き2014より)

学会では症状が出る量を食べてしまった場合でも、その1回の負荷で耐性ができることもあると言われていました。

 

食物アレルギーは 秋冬生まれ、離乳食開始の遅れ、家族歴、環境アレルゲンの有無がハイリスクになるといわれます。

最近増えているのは果物アレルギーで、花粉症が関係する可能性が高いとのことです。

花粉症があると、交差抗原性といって、アレルゲンそのものでなくても似ている構造のあるものに反応して症状がでてしまうので、
カバノキ科ハンノキ属(ハンノキ)、カバノキ属(シラカバ)は、バラ科植物のリンゴ・モモ・サクランボなど、
イネ科とブタクサは、ウリ科植物のメロン、スイカなど、
ヨモギは、せり科植物のセロリ、ニンジンなどを食べるとアレルギー症状が出るのだそうです。(口腔アレルギー)

舌下免疫療法などの花粉症の治療をすることで、耐性ができ、上記のアレルギーも治る可能性も示されました。

 

また、皮膚や粘膜のバリアを強化することで皮膚や粘膜直下にいる免疫細胞の応答が減り、症状が出にくくなるのだそうです。

鼻の粘膜は腸などの粘膜と違い皮膚に近い構造を持つため、潤いやバリアを保つことで症状を予防できる可能性が高いそうです。
花粉症でも皮膚バリアの強化がポイントになりそうです。

食物アレルギーのハイリスクである秋冬生まれは、日照時間や日光に当たる機会が減ってビタミンDが不足すると食物アレルギーになりやすいという説もありますが、皮膚粘膜の乾燥でバリアが壊れたことも疑えます。

※バリアの強化は粘膜へのワセリンの塗布、症状が出ている場合にはステロイド塗布
(鍼灸での対策は、鼻粘膜の循環を良くして潤いを保ったり、粘膜細胞のターンオーバーをスムーズにしたり、酸素や栄養が患部に届きやすくなるので粘膜の強化につながります。)

 

食物アレルギーは乳児期の発症では治りやすいとも言われていました。
乳児期は皮膚粘膜も薄く、免疫細胞の発達も途上なので、症状が出るのも当たり前なのかもしれません。

アトピーや喘息がある場合は、重篤な症状を防ぐために、まず湿疹の治療、喘息の治療をしてから、食物アレルギーの治療に入るそうです。

学会では湿疹の治療そのものが食物アレルギーを減らすという研究発表もありました。
湿疹部で多く作られるリンパ球の好塩基球が腸管粘膜にある肥満細胞を活性化して症状が出る可能性があるそうです。

皮膚や粘膜の症状は食物アレルギーを増やす。
やはり皮膚や粘膜から入るとアレルギーになり、口から入ると耐性ができる、というのが基本のようです。