子どもの視力回復

前回の「近視に対する鍼灸治療」に引き続き、今回は当院での施術報告です。今年に入って、小学生の視力回復が続きました。その中でもすぐに結果の出た一症例を紹介します(患者さんからも承諾頂いています)。

結果から言いますと、小学校での視力検査で両目ともC判定(少数視力 0.6~0.3)だったのが、約2週間後の眼科での検査は両目とも 1.5 にまで向上していました。

鍼灸施術前後の視力推移

 

今回は鍼灸の施術前後に視力測定を行ったことから、このようにグラフ推移で現わすこともできました。施術をすれば、その場で視力は上がりました。施術直後に大きく上がっているのは、一時的な視力向上の作用(縮瞳効果 1))もあるようですが、施術前の測定で両眼視力とも 1.5 が出ているときもあったことから、視覚機能への持続的な作用もあったと考えられます。

今回の鍼灸治療はシンプルで、眼の反応点に対するローラー鍼刺激です。鍼灸院での施術は週1回程度でしたが、自宅でのセルフケアは毎日されていました。毎日の積み重ねが、この結果につながったと思います。

ちなみに今回、私たちが感じる反応点をスコア化し、その反応点の変化と対数視力値の変化をグラフにしました。

 

反応点の程度と視力の変化量に、多少ばらつきもありますが、概ね相関が見られます。

今回の偽近視のような状態であれば、鍼灸も十分手立てになると思われます。

これが今後も続くのか、将来の近視予防につながるかは、これからの経過も見ていきたいと思います。

 

  1. 福野梓 , 鶴浩幸 , 片岡佳介 , 他 . 鍼刺激による屈折変化非依存性の視力向上効果 . 全日本鍼灸学会雑誌 . 2008. 58(2): 195 202