耳について

今日(3月3日)は、耳の日ということで。

<耳の役割>

音の伝導路としてはたらく聴覚器官

音は空気の振動です。振動した空気は、いわゆる「みみ」と呼ばれる外耳でひろわれ、中耳にある「鼓膜」、「耳小骨」へと増幅され伝わっていきます。その振動は内耳にある「蝸牛管」に伝えられます。蝸牛管の中にはリンパ液があり、その揺れが、「有毛細胞」と呼ばれる特殊な細胞の感覚毛を刺激して、電気信号が発生します。その信号が、「内耳神経」を通じて脳に伝えられ、音として認識されます。このどこかのトラブルが、音の聞こえに悪さします。

絶対不可欠な平衡感覚器官

耳と言えば、外から確認できる聴覚器のはたらきはよく知られていますが、実はこの内部にある平衡感覚器のはたらきも、非常に重要です。平衡感覚器があまり知られないのは、そのはたらきが普段わかりにくいものだからでしょう。しかし、この機能が失調すると、姿勢も保持できず、吐き気をもよおし、食事も困難になります。つまり、生死にも関わります。目が見えなくても、耳が聞こえなくても生きていけますが、平衡感覚がないと生きていけません。また、普段気付かない感覚器なので、ここの不調は自分でもわからない精神状態(脳)にも大きく影響すると考えます。

<耳の構造>

耳の構造は、外耳(がいじ)、中耳(ちゅうじ)、内耳(ないじ)に分かれています。

 

【外耳】

外から見える部分で、音波を受信するアンテナのようなはたらきを持ちます。ここで音波をとらえて、鼓膜へと振動を送ります。この入り口に耳垢(みみあか)などが詰まっていると、音は聞こえにくくなります。当たり前なことですが、意外とそれで難聴を訴え、病院に来られることもあるようです。ちなみに、耳には自浄作用というものがあり、耳掃除はされなくてもいいらしいですよ。むしろ、耳掃除で、傷つけてしまったり、耳垢を奥に詰まらせてしまったり、負の影響が大きいようです。(今年、米国の耳鼻咽喉科頭頸部外科学会が、耳掃除しないように忠告しています。)
耳は左右で二つあります。左右に入る音のずれを脳が感じ取ることで、音の方向を判断します。耳のはたらきは繊細です。

⇒ 外耳のトラブル
外耳を原因とする場合は、耳の穴から虫や異物が入り込んだ場合などが考えられます。耳あかが詰まって難聴ということもあります。ただ、これらの原因は、外から耳の穴をのぞいてもらえばわかるものです。

 

【中耳】

中耳は、「鼓膜」の奥に位置し、鼓膜の振動を増幅させる「耳小骨」(ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨)と呼ばれる、人体で最も小さい骨が存在します。また、その鼓膜や耳小骨を支える筋肉もあります。ここの不具合が、音の聞こえに影響することもあります。
この中耳はふさがっており、電車や飛行機に乗っているときに急な気圧の変化があると、鼓膜に圧がかかります。すると音が聞こえにくくなったりもしますが、物を飲み込んだりすることで自然に空気が流れ込み、解消されます。それは、中耳が、「耳管」というトンネルで、口とつながっているからです。

⇒中耳のトラブル
鼓膜は、振動を伝える太鼓の皮のようなもので、その緊張度によって音の伝わり方が変わります。炎症や気圧の違いによって変化することもあります。耳小骨は、小さな筋肉によって音の伝え方を調整されています。この筋肉が緊張を起こしていたり、炎症などで耳小骨の連結に癒着が起こっていると、耳鳴りの原因となる可能性があります。そして耳と鼻をつなぐ耳管が、狭くなったり、開きすぎていても、「耳管狭窄症」や「耳管開放症」といって、難聴や耳鳴り、音や声が響いたりすることもあります。
いわゆる「中耳炎」という状態は、ここのトラブルを生みます。一時的な炎症であればいつの間にか治ったで済みますが、慢性的に炎症しているとなると、ずっと不調を感じることもあるでしょう。しかし炎症である以上、その状態により変化もし、それが治まれば「治る」ことも可能です。鍼で炎症を抑える、回復を早めることができます。

 

【内耳】

内耳は、聴覚器官である蝸牛(かぎゅう)と、平衡器官である前庭(ぜんてい)という二つの部分から構成されています。
さらに、平衡器官の前庭は、水平と垂直方向の位置を感知する卵形嚢(らんけいのう)、球形嚢(きゅうけいのう)と、回転を感知する三半規管で構成されています。その中はリンパ液で満たされています。この小さな器官の状態によって、聴覚や平衡感覚に不具合が生じてきます。
内耳は、それほど有名ではありませんが、非常に重要なはたらきを持っています。めまいやふらつきには、ここの失調が大きく関与します。ここは狂いにくいとこですが、一度狂うと、その回復には時間も要します。

⇒内耳のトラブル

〔聴覚〕
内耳にはリンパ液が満たされています。このリンパ液の環境に問題があれば、聞こえ方にも影響が出てきます。聴覚は「蝸牛管」、平衡感覚は「三半規管」と異なる器官に役割は分かれますが、同じ内耳にあり、リンパ液で満たされています。耳鳴りとめまいは同時に現れることが多いことから、このリンパ液に何か問題が起こっていることは十分考えられます。
リンパの中でも、内リンパは「血管条」というところで産生・排出されています。この血管条はその名の通り、蝸牛管内の毛細血管の網をなしています。つまり、ここは血液循環の影響を受ける部分です。そして内リンパの中には、「有毛細胞」があります。リンパを伝わってきた物理的振動を、神経から脳へと伝えるために電気信号へと変換する部分です。「外有毛細胞」が振動の増幅を、「内有毛細胞」が聴神経へと伝えるはたらきをしています。細胞である以上、血液によって養われています。
耳鳴りの薬として処方される、血流改善剤、利尿剤などは、これらリンパや血液循環に作用します。ただ、薬は全身を巡り、どこに作用するかあいまいです。耳鼻科へ行って治りが悪くとも、鍼灸治療で治ることもあります。鍼灸ではこの内耳を狙い撃ちできることから、その効果も高いと感じます。

 

〔平衡感覚〕
平衡感覚器の特徴
内耳の三半規管で感じ取ったバランスの情報は、大脳を介さずに直接機能します。他の感覚には大脳に「感覚野」があるのに対し、「平衡感覚野」というものは存在しません。それは、平衡感覚が生物にとって、考えるより先に反射的にはたらかなければいけないからでしょう。また、他の感覚と違って、普段感じにくいことも特徴です。

平衡感覚の失調
めまい、ふらつき、立ちくらみなどを感じます。あまり意識しない感覚ですが、動物にとって生きていくためには絶対欠かせない重要な感覚です。
姿勢の悪さや、つまずきも平衡感覚の失調症状のひとつに含まれるでしょう。つまずくのは、わずかな段差や、視覚情報の制限された暗闇、立ち上がってすぐの寝起きなどが多いものです。筋力だけの問題ではなく、平衡感覚の失調による身体のバランス調節のずれや、それをカバーするために、知らず知らずのうちにすり足になりつまずいた、と考える方が納得できます。

自律神経系に影響
この左右の耳の奥にある平衡感覚器に障害が起きると、左右で異なる信号が脳に伝えられ、脳は混乱し、立ちくらみ、失神、吐き気、冷や汗、パニックなどの精神障害、いわゆる自律神経症状が現れます。
平衡感覚は常に働いているため、脳はずっとその混乱状況下におかれます。それは心の持ちようでどうにかなるものではありません。パニック障害、うつ病などの精神疾患は、そういった体の不調から起こるものだとも考えられます。

平衡感覚を失調させるもの
この内耳による平衡感覚を失調させる原因は、風邪と同じく菌や免疫力低下によるもので、内耳の粘膜やリンパの状態が悪くなったものと考えます。内耳内の三半規管は、リンパ液で満たされており、内耳の炎症によりリンパの流れが乱れることにあります。この炎症は、風邪を引いたとき、ストレスや過労で全身的に免疫力が落ちているときに起こりやすくなります。

平衡感覚の治療
あまり聞いたことはないかもしれませんが、治療できます。これらの症状に、平衡感覚をつかさどる左右の内耳の反応を確認します。本来感じにくい感覚なので、自覚症状がないこともあります。しかし、不調があれば、反射により反応が出ています。何も思い当たることはないけど、調子が悪いと感じるときは、この平衡感覚の不調を疑ってみます。
自覚症状が出る前にしっかりケアすることも大切ですし、症状がひどい方も、根気よくケアすることで回復に向かいます。この部分は変化を受けにくく、障害を受けにくいものです。逆にそこが障害されてしまうと、代謝も悪く、治りも悪いということです。この部分の治療は、根気強く長く続けることが重要です。

 

これら内耳のトラブルがベールに隠されています。内耳は頭蓋骨の中に埋め込まれた、非常に小さな器官です。覗くこともできないし、検査で測ることも困難です。だからこそ、医療に見過ごされがちになります。ただ、外界の情報を受け取って生きる動物にとって、ここのトラブルは深刻です。