大阪府アレルギー疾患対策研修会

台風19号で被災された方々、復旧作業に関わる方々が大変な時間を過ごさていると思います。少しでも早く落ち着いた時間が持てますよう、心からお祈申し上げます。

10月13日、大阪府、日本アレルギー協会関西支部などが共催する、医療従事者向けの研修会に参加してきました。

今回は『アレルギー新患医療の現状と課題』~大阪府の取組み~ 近畿大学病院 病院長 東田有智先生。

『みんなが知りたい食物アレルギーの話』 独協医科大学医学部 小児科学 主任教授 吉原重美先生。

『アトピー性皮膚炎について』 京都府立医科大学大学院 医学研究科 皮膚科学教授 加藤則人先生。

『知っておくべき気管支ぜんそくの診療』 藤田医科大学医学部 呼吸器内科学Ⅱ 講座教授 堀口高彦先生。

『小児アレルギーエデュケーター(PAE)という、小児アレルギー専門のメディカルスタッフの取り組みついて』 近畿大学病院 看護部 看護師 PAE 谷川ゆかり先生。のお話を聞くことができました。

食物アレルギーでのアナフィラキシーの実際の映像などもありました。死にもかかわる疾患なのだと改めて感じました。  
知識を持てば、いざという時に子供を守ることができる。身が引き締まりました。

いざという事態を防ぐためには、食物アレルギーを予防することが大切だとも感じました。食物アレルギーの予防はアトピー性皮膚炎の対策でもあります。

今回学んだことを、SORAでもお伝えしていこうと思います。