腸内細菌について

先日のアレルギー学会では基礎医学の研究成果と、臨床での研究、傾向についてなど講演がありました。
印象に残ったことをいくつか紹介します。

まずは腸内細菌について。

 

 

腸内細菌の働きは大きく「栄養」と「感染予防」です。

まず「栄養」ですが、腸に食物が入ると腸内細菌が食べて酵素を出し、その酵素が食物を吸収できる形に分解し、身体の栄養として取り込めるのだそうです。

そして「感染予防」ですが、無菌マウスの実験では、腸内細菌を持たないマウスは自身の免疫細胞が作られず、無菌室を出ると感染症にかかり、すぐに死んでしまうのだそうです。
細菌を取り込むことで初めて体を守る機能を発達させている、ということです。

母親から生まれるときの赤ちゃんの腸は無菌状態です。
口から入る細菌を少しずつ取り込んで腸内に住ませます。
帝王切開で生まれた赤ちゃんが、将来アレルギーになりやすいというデータもあります。子宮口から出る時に受け取るはずだった膣の菌を取り込めなかったことが原因ではないかと言われ、帝王切開で生まれたばかりの赤ちゃんに膣の菌を付ける対策をされる先生もおられるそうです。

腸内には1000種類以上、数百兆個の細菌がいて、その重量は1.5キロから2キロ。
殆どが嫌気性といって、空気に触れると死んでしまう細菌です。
その弱い菌ですが、腸以外の粘膜や腸の粘膜上皮に付くと炎症を起こします。
その小さい炎症が上記の感染予防につながります。
また細菌による小さい炎症でスイッチが入り、粘膜のターンオーバーが起こる仕組みもあるそうです。(腸の粘膜上皮は皮膚とは違い、数日で全部入れ替わるほど速いスピードでターンオーバーが起こっています。)

ただ、潰瘍を起こすような大きな炎症は、やはり害があります。

腸には”粘液層”という分厚い無菌の層があり、それが細菌と腸粘膜を隔てて、感染を防いでいます。

さらに大腸の粘膜で感染を防ぐ仕組みが昨年見つかったそうです。

大腸の粘膜上皮の最表層には”Lypd8”という蛋白質が多数あり、それが細菌の鞭毛に取り付いて動きを止めることで感染を防いでいる、ということでした。

(国立研究開発法人 科学技術振興機構
共同発表:腸内細菌の大腸組織侵入を防ぐメカニズムを解明」)

 

腸の働きが落ち、粘液層が薄くなると、まず鞭毛(鞭毛が尾ひれの様に働き、よく動ける)を持つ種類の細菌が腸粘膜上皮にたどり着いて炎症が起こります。
粘液層を泳いでくる細菌だけを止める仕組みや、感染すると害のある細菌を殺さずに共存する仕組みに、驚きました。

 

最近はアレルギーの予防になる可能性がある細菌も見つかっています。
ただ、既にその細菌を持っていれば、それほど変化がないのだとか。
必要なのは細菌の多様性なのだそうです。
1つの菌が突出して多いより、バランスよく多くの菌がいることが、健康に繋がります。
毎日同じものを食べるのではなく、色んなものを食べることで、多様性が生まれるそうです。

ストレスも腸内細菌を変化させます。
病気に意識を集中させないことも、ストレスを減らして細菌のバランスを保つことになるのでしょう。

 

色々な細菌を大事に生かしている腸の仕組み、悪玉も善玉も本当に悪だけで善だけなのか、簡単には分からないということでしょうか。

子供が熱を出したり湿疹が出たりすると親としては不安になりますが、細菌を取り込んで、軽く病みながら育つのが自然なのかもしれないと感じました。