インフルエンザとノロ対策

先週は、患者さんやそのまわりの方で罹ったとよく聞くようになりました。
その感染力から、流行りだすとまわりの方もハラハラします。

しかし、同じようにウイルスにさらされても、発症する人、しない人、程度の軽い人がいます。
医師や看護士さんは浴びるようにいろんなウイルスをもらっているだろうけど、いちいちダウンはしていません。
そのウイルスに対して、免疫を獲得しているからだと考えられます。

どちらもウイルスで、抗生物質は効きませんし、治す薬はありません。
ワクチンも、事前に打っていても罹ることがあるように、感染を完全に防ぐわけではありません。
(集団の感染力を低下させたり、免疫が働きやすいように重症化を防いではくれます。)

結局は、その人の「免疫力」というものが大事です。
そのウイルスに触れないようにビクビクするよりは、自分の免疫力をしっかり上げて、強い身体を作ると安心です。
まわりの免疫の弱い子供や高齢者のためにも、まずは自分の免疫を上げて重症化させないことが、まわりの方へのやさしさにつながります。

この時期は、睡眠や食事などの日々の養生も大切になってくるのでしょう。
さらに免疫細胞を活性化させてくれる鍼灸もできれば、より心強いものです。