W杯が心臓に与える影響

前記事の「震災」に引き続き、もう一つ、心臓に与える非日常の出来事があります。
日本代表の活躍で盛り上がる4年に1度の「サッカーW杯」です。

「サッカーワールドカップにおける心臓血管イベント」※2

2006年ドイツワールドカップ大会開催中のミュンヘン在住者の心臓発作の件数について調べた論文です。
結論から言うと、ドイツ代表チームの試合があった日は、冠動脈疾患(心筋梗塞、狭心症発作)の発症が、対象期間と比べて2.66倍多かったということです。
6月9日から7月9日まで開催され、2003年、2005年を比較対象期間としています。

試合のあった日がスパイク状に多くなっています。
詳しく見ると、予選リーグ3回戦では決勝進出が既に確定していたようで、それほど上がっていません。
決勝トーナメント1回戦もそれほど上がらず、対戦相手がスウェーデンだったこともあるでしょうか。
準々決勝のアルゼンチン戦、準決勝のイタリア戦で、かなり増加しています。
そしてその準決勝で負けてからの3位決定戦では、またそれ程上がっていません。
緊張感のある大事な試合で、より心臓発作のリスクがあるということです。
心臓に問題のある人は、注意して観戦せねばなりませんね。

次の日本 vs ポーランド戦も、決勝進出がかかる緊迫した試合になりそうです。
心配な人は、終わってからニュースで見るのもいいかもしれませんね。

 

※2 Cardiovascular Events during World Cup Soccer
Ute Wilbert-Lampen, M.D. et al.
New England Journal of Medicine ; vol 385: 475- 483, 2008

震災が心臓に与える影響

今週は地震の話題が尽きませんでした。
家族や親戚、友人に被害のあった方、また職場が大阪で影響を受けている方。
この辺りでも、阪神淡路大震災のことを思い出される方は多かったです。
平常に振舞っていても、何かしらストレスを受けていることもあります。
余震が続くこともありますし用心して、無理せず過ごすのもいいかもしれません。

そんな震災が、心臓に与える影響というものがあります。
ちょうど来月の勉強会で「心疾患」について発表があり、調べていたところ見つけました。

 

「東日本大震災と阪神・淡路大震災における心血管死亡率の比較 – 死亡診断書の大規模データ解析」※1

震災などの災害発生時に生じる、循環器疾患の増加はよく知られています。
それがよくわかるグラフがこちら。

スライドで少し見にくいですが、グラフ左が阪神淡路大震災、右が東日本大震災。
横軸は年月、震災発生時を矢印で指しています。
縦軸はその被災地域の心筋梗塞の関連死亡率を示しています。
共に、発生月には急増し、その後も震災の影響が続いていることがわかります。
(心筋梗塞の発症には季節変動がありますが、前年までの同月と比べることで、増加していることが読み取れます。)

地震の身体的・精神的ストレスに加え、避難生活による環境的な変化もその要因です。
食生活が変化したり、身体を動かせる環境でなかったり、通院しにくくなったり。
実際に経験したり被災地に行ってみると、それは身に沁みて実感します。

震災関連死と取りざたされるように、災害発生後も気に掛ける必要があります。
東北の震災ボランティアでも、忘れられない経験があります。
命に関わる循環器疾患、その影響力は軽視できません。

 

動悸、息切れ、左肩や背中の痛み、全身のむくみなど、いくつか気になる方は、病院へもお勧めします。
鍼灸院でも「心臓」反応点に注目して、治療に取り組んでいます。
心臓が気になる方は、ローラー鍼やせんねん灸、手でさするセルフケアもおススメします。

 

※1 Comparison of cardiovascular mortality in the Great East Japan and the Great Hanshin-Awaji Earthquakes - a large-scale data analysis of death certificates.
Takahashi J et al.
Circ J. 2016 Jul 25;80(8):1689-94. doi: 10.1253/circj.CJ-16-0644. Epub 2016 Jul 7.