芸術+行楽の秋

8日水曜日、雨の中でしたが、
大阪中之島図書館 → 中之島公園バラ園 → 京都大山崎山荘美術館と、
出掛けてきました。

まずは中之島図書館。

「100年後に残したい大阪の風景」という写真展をのぞきに。
一般の女性3人の方が切り取った、大阪の風景が飾られていました。
どんどん変わっていく街ですから、自分の好きな景色を残しておくと素敵ですね。
写真は少なめでしたが、町や物の見方についてヒントをもらったような気がしました。
中之島図書館も趣きのある素敵な建物で、また訪れたいと思います。

 

続いて近くの中之島公園へ。
年2回開花時期を迎えるバラ園に行きました。
バラは5月中旬~下旬、10月下旬~11月中旬が見頃だそうです。

小雨の中でしたが、雨粒の光る、みずみずしいバラも綺麗でした。

都会の真ん中にこんなにたくさんの綺麗なバラがあるとは。

豊かです。

 

さらに続いて電車に乗って、京都の大山崎山荘美術館へ。
駅を降りてすぐに山の良い香りがします。
小雨は霧雨に代わって、靄の中の美術館へ向かう山道は風情があって素敵でした。
色づき始めた紅葉が、えも言われぬ美しさでした。

大山崎山荘美術館は大正から昭和初期にかけて、実業家の加賀正太郎が別荘として自ら設計した山荘だそうです。

平成に入って取り壊しの危機もありましたが、加賀正太郎と深い親交のあった、アサヒビール初代社長山本為三郎とのご縁から、現在のアサヒビール株式会社が、京都市、大山崎町と協力して復元整備し、美術館として蘇りました。

美術館には山本為三郎のコレクションが寄贈されています。
今回は企画展の「有元利夫展」が開かれていました。
副題に「物語を紡ぐ」とあるように、物語の一部のような、音楽が聞こえるような作品の数々でした。

建物もとても素敵でした。以前は食堂だった、応接室だったなど、説明書きを観ながら、モチーフを探したり、ドアを開けて外から眺めたり、トイレのドアを開けるのさえワクワクしました。

加賀夫妻の寝室だった場所がテラスのある喫茶室になっており、リーガロイヤルホテル京都のお茶とケーキが楽しめます。
今は有元利夫作品をモチーフにしたケーキがメニューになっていました。折角なのでテラス席でケーキセットも頂きました。
そうそう、もちろん、アサヒビールもあります。(笑)

テラスからの眺めも素晴らしかったです。
霧のカーテンの向こうに、男山と天王山、その間を流れる木津川、宇治川、桂川が、大阪へ向かう景色が望めました。
この眺めの為に、ここに別荘を建てたのだろうと想像できます。

 

この美術館の見どころは、周りの庭園にもあります。
自然好きの院長は、こちらの方に心を惹かれていたようです。

 

秋の行楽シーズン、美術鑑賞や紅葉狩りにいかがでしょうか?

 

大阪市中之島公園

中之島公園

大阪府立中之島図書館
https://www.library.pref.osaka.jp/site/nakato/

大山崎山荘美術館
http://www.asahibeer-oyamazaki.com/