8037日目

やはり今日は特別な一日です。
5時46分には、「そうそう、こんな朝(暗さと寒さ)だった」と思い返します。

神戸新聞には、
「8037日目の神戸から、
279日目の熊本のみなさまへ。」
というタイトルで、震災の復興支援に継続性の大切さが語られていました。
(ちなみに東北からは、2140日目のようです。)

年々あの日のことを思い返すことが少なくなっているのは、前に進んできたからこそですね。
傷跡は決して無くならなくとも、小さく、そして気にならなくなることはあると思います。

震災後に建てられた実家も今年で20年。
ローンもようやく折り返し地点です。

健康に暮らせていることが本当に何よりです。