2018 夏休み in 岡山・広島

こんにちは。更新が遅くなりました。
SORA鍼灸院のお盆休み、観光編です。
(院長のボランティアの様子は別ブログにてどうぞ)

院長がボランティア中、娘と天満屋&アウトレットへ。
渋滞で到着が2時間ほど遅くなってしまったのと、暑さもあって、屋内プランです。

倉敷は駅から徒歩で天満屋さんにもアウトレットへも行ける便利な町でした。
(美観地区も徒歩10分程です。)
物欲の少ない院長の服をそろそろ買わなければと探しますが、なかなかピンとこず。
不思議と自分の物はすぐに見つかります(笑)。
その日は決めきれず、娘もバテてきたので、リサーチのみとなりました。

翌日、ボランティアを終えた院長も一緒に美観地区へ向かいます。
地元のパン屋さんで朝食をとり、美観地区のお店を巡ります。
風情があって素敵な街並みです。

テレビでよく見る大原美術館も美観地区内にありますが、今回は見送りました。
地元の作家さんの作品を集めたお店で、治療院用の飾りを買いました♪

午後から昨日のリベンジでアウトレットに寄り、院長の服を無事に購入。
良い買い物ができました♪
文化も買い物も徒歩圏内で楽しめる倉敷は豊かな町でした。

 

お盆休み後半は車で広島に移動して義兄の家にお世話になります。
市内に住む兄家族、親戚ともに、幸い豪雨での被害はなかったようです。
猛暑が続くので、兄家族が計画してくれ、夏でも涼しい三段峡という渓谷に連れて行ってくれました。

まずは三段峡へ向かう途中の釣り堀で、あまご、いわなの釣り体験。
そこでは釣れた魚を、その場で塩焼きか唐揚げで食べられます。

意気込んでエサを付けるも全く釣れず…。
見ると隣の少年がどんどん釣り上げるではありませんか!

エサの大きさを真似したり、エサの深さを変えてみたり。
いろいろ試しましたが釣れず…。

さらに観察すると、少年はイクラ(別料金200円)をエサにしていることがわかり、家族がイクラを付けるとどんどん釣れ始めます!
お兄さん家族のイクラを分けて貰って挑戦。
魚がどんどん寄ってきて、あっという間にイクラは皮のみに。
私は釣れませんでしたが、お兄さん家族は大活躍。
美味しい釣りたての魚を食べることができました。

腹ごしらえをして三段峡の滝へ出発。
滝へ向かう道は大人一人分ほどの幅で、片側は崖になっている所も多く、少しドキドキしながら向かいます。
少し進むと、一気に涼しく感じます。
山の良い香りがします。
川の水はとてもきれいです。

滝へ到着。
広島市内は37℃のこの日も、滝の周りは涼しく、心地良い。
しばらくひたりました。

帰りには浅瀬で少し川遊びも楽しみました。
足を浸けると氷水のように冷たい水に驚きます。

魚が寄ってきて足をツンツンしてきてびっくり。(汚れていたのかも…)
魚と近づけて嬉しかった~(笑) さっきは食べておきながら(笑)

院長はオタマジャクシ、
娘はタニシを沢山見つけました。
(その後川に帰ってもらいましたよ)

 

 

広島では倉敷の酒屋さんで勧められた地ビール(発泡酒)を、皆で頂きました。
真備竹林麦汁醸造所という真備町の障がい者支援施設の作業所で作られた地ビール(発泡酒)で、本格的な作り方と味で地元で人気のビールなのだそうです。
残念ながら今回の豪雨で被災されて、まだ再建されていません。
被害前に入荷していた貴重なビールは甘みのある優しい味わいで本当に美味しかったです。
被災された皆様の生活が早く落ち着かれますよう願います。

吉備土手下麦酒醸造所のホームページより
http://kibidote.jp/free/mabifukkatsu

 

SORAの夏休みはおかげさまで充実していました。

また毎日の診療に努めます。